工場からガス漏れ事故

工場からガス漏れ事故

木曜日早朝ビシャーカパトナム (Visakhapatnam)で、工場から原料のスチレンガスが漏れ、多くの人々が病院に収容され、死亡者も出ました。

1984年のボパールでのガス漏れ大事故の教訓は生かされなかったのかと言う疑問が新聞に提示されています。

インドの新聞

ロックダウンから工場再開を準備している工場にとって、危険物管理はどうなっているのか、という疑問が生じます。

安全管理体制の必要性を感じます。

この部門は日本が強いのではないかと感じます。

スチレンは、汎用性が広く、合成ゴムやプラスティック・パッキングに使われるそうです。


ボパール化学工場事故(ボパールかがくこうじょうじこ、英: Bhopal disaster)は、1984年にインドのマディヤ・プラデーシュ州ボパールで発生した化学工場からのガス漏れ事故である。世界最悪(英語版)の産業災害(英語版)とされる。

Wikipediaより

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:149, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,582

Previous(down)/ Next(up)
グリーン・ゾーンに住んでいる人口は全体の24% スーラトでの、出稼ぎ移住の労働者が帰郷を申し出て、警…
混乱解決は、政治家の技量と思いますが、政治家が対立しているのが、現状だと思います。