現場労働者を確保したい州と、帰省を望む労働者

現場労働者を確保したい州と、帰省を望む労働者

政府の労働管理

政府の労働管理方法の変化の兆しの中には、近代的手法を応用すると言う見るべきものもありますが、より長期的な問題は、現場の労働者の置かれている状況への対処方法が、現実に対応する基盤を持っているか、と言う点だと思います。

外資を呼び込むために、急激な労働環境の変化を生じさせた場合、労使間だけではなく、働く側の立場の人達の間に、フラストレーションに基づく不和が生じるのでは無いでしょうか。

現場労働者を確保したい州の思惑と、帰省を望む労働者の思いは交錯し、政党間対立の問題に新たな火種となる様な気配が感じられます。

給料未払い、ないしは、支払いのない状態で、故郷でない場所で、じっとしている苦悩、一方、工場再開を望む人々もおり、本来の人材が、ちりちりバラバラとなり、産業再開のための、必要な人材の流動化、アモルフォス化が何をもたらすのか、適正な場所に適正な人材を適正な人数揃える事は、かなり困難の現実ではないでしょうか。

BJPとCongress の間で意見は対立中の様です。この問題は、人道的な観点、産業政策的な観点、政治的な観点から、微妙に混乱を起こしそうですね。

混乱解決は、政治家の技量と思いますが、政治家が対立しているのが、現状だと思います。

少し前、スーラートから、多くの出稼ぎ者が故郷に帰りました。

ダイヤモンド研磨では世界的に重要な街です。

働き手を失ったため、スーラートの原石ダイヤモンド研磨の仕事は、、タイ、南アフリカなどへ、移ってしまいそうな現状のようです。

困窮状態にある働き手の現状に対する、人道的配慮、産業政策からの人的資源の獲得、政治家がこれをどう取り扱うか、錯綜していると思われます。

この町では、確か、国に帰りたい出稼ぎ労働者の人々と、警察の間で緊張関係が起きていた、と記憶しております。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:166, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,882

Previous(down)/ Next(up)
安全管理体制の必要性を感じます。
パンデミック最中で、米中貿易戦争は、新たな火種になりそうです。