日印ビジネス洞察 39

日印ビジネス洞察 39

日本・インド関連ニュース一覧:日印ビジネス洞察 2020年7月 第39号

Japan Bulletin Volume 39:Japan – India Business Insight July 2020

Contents

インド日本の関係と取引

India Japan Relationship and Deals

ダイキンはインドで第 3 番製造ユニットを計画

Daikin to go ahead with its plan for the third manufacturing unit in India

日本の空調機メーカー・ダイキンは、現地生産能力増強のため、インドに 3 番目の製造ユニットを設立するための投資計画を進めているる、と最高経営責任者は語りました模様です。

Japanese air conditioner maker Daikin will go ahead with its investment plan for setting up a third manufacturing unit in India, in a bid to increase the local production capacity, a top company official said.

日本のダイキン・インダストリーズの完全子会社ダイキン・エアコン・インディアは、政府の「インド製造」促進に沿った、製造業者へのインセンティブである段階的製造プログラム(PMP)を活用する準備が出来ていると述べました。南インドに 3 番目の製造ユニットを設立する計画を持っている同社は、工場立地が完成した後、直ぐに計画を発表する予定。 新工場は、国内だけでなく、アフリカ市場にも対応。

Daikin Airconditioning India, a wholly-owned subsidiary of Japan-based Daikin Industries, said the company is ready to take advantage of the – Phased Manufacturing Program (PMP), under which the government has announced incentives for manufactures to promote “Make in India”. The company, which has plans to set up a third manufacturing unit in South India, would make an announcement regarding it very soon after finalizing the site. This new plant would cater to the African markets besides the domestic one.

ダイキン・インダストリーズの初のインド人役員であるジャワ氏は、COVID-19 は会社に短期的な混乱をもたらしたが、インド市場の長期的な可能性を、信じていると語たりました。 ジャワ氏は、更に、エアコンの約 40%の売り上げは本来は 3 月から 6 月の間にあり、ほぼ半分は COVID-19 に関連する市場の混乱のために生産・販売が出来なくなった。 しかし、ジャワ氏は、2020 年 6 月に市場が復活をする事を期待しています。

Jawa, who is also the first Indian on the board of Daikin Industries, said the company sees COVID-19 as a short-term disruption and believes in the long-term potential of the Indian market. Jawa further said around
40% sales of the air conditioners are in the month of March to June and almost half of that has gone due to COVID-19 related disruption in the market. However, Jawa is hopeful and expects a revival in June 2020.

2019-20 会計年度については、ジャワ氏はダイキン・インディアにとって良い年であったが、会計年度末に向かって、同社は COVID-19 悪化状況のため、挑戦的側面に直面したとの事です。 同氏は又、「昨年度は非常に好調で、約 420 億ルピーの純売上高を記録しました」と語りました。 2018〜19 会計年度に 325億ルピーの純売上高を記録した同社は、これまでに約 200 億ルピーをインドに投資している模様です。

While talking about Financial Year 19-20, Jawa said it was a good year for Daikin India, but towards the end, it had to face challenges owing to COVID-19 situation. “Last year was very good and we had recorded
net sales of around Rs 4,200 crore,” he said. The company, which has recorded a net sale of Rs 3,250 crore in Financial Year 18-19, has invested around Rs 2,000 crore in India so far.

ダイキン・エアコン・インディアには、ラジャスタン州 Nimrana ナに 2 つの製造ユニットと 1 つの研究開発(R&D)センターがあります。

Daikin Airconditioning India has two manufacturing units and one Research and development (R&D) center at Neemrana, Rajasthan.

インドと日本は中国との緊張事態の最中、海軍演習を実施

India and Japan conduct naval exercise amid tension with China

インドと中国がラダック東部で大規模な国境を巡る対立が起きている最中、インド海軍と日本の自衛隊は、インド洋上マラッカ海峡で、小規模な演習を行いました。 地域をパトロールするインドの軍艦は、ラージパット級駆逐艦ラナ、及び、コラ級ミサイル護衛駆逐艦クリッシュ、日本の海上自衛隊の訓練中隊からは「しまゆき」と「かしま」が演習に参加。

「演習の大部分は PASSEX(二国間連携演習)」ではありましたが、間違いなく中国に取って、何らかの戦略的な意味のある信号になった、と情報筋は述べています。

At a time when India and China are locked in a major troop confrontation in eastern Ladakh, Indian and Japanese warships held a small exercise towards the Malacca Strait in the Indian Ocean Region (IOR).

Indian warships patrolling the region, Rajput-class destroyer INS Rana and Kora-class missile corvette INS Kulish, took part in the exercise with JS Shimayuki and JS Kashima from the Japanese Maritime SelfDefence Force’s training squadron. Though it was “largely a PASSEX (passing exercise)”, it definitely amounts to some strategic signaling for China, said sources.

日本は 2015 年以来、インドと米国間で重点を置いている「マラバル」海軍戦闘演習に定期的に参加、3か国はインド太平洋地域、特に南シナ海での中国の積極的な武力誇示を懸念 。 演習は今年後半に、ベンガル湾で開催される予定。 インドと日本は、二国間の軍事関係を強化し、2018 年以降、毎年「ダルマ・ガーディアン」と呼ばれる陸上軍事演習を開始しています。両国は、11 月に最初の「2 プラス 2」である防衛相、及び、外相対話を開催した後、 昨年は、戦略的パートナーシップを更に強化するため、相互の軍事ロジスティクス協定も最終決定しています。

Japan has become a regular participant in the high-voltage “Malabar” naval combat exercise between India and the US since 2015, with the three countries being concerned about China’s aggressive muscle-flexing in the Indo-Pacific region, especially in the South China Sea. The exercise is slated to be held in the Bay of Bengal later this year. Cranking up their bilateral military ties, India and Japan have also kicked off an annual joint land military exercise named “Dharma Guardian” since 2018. The two countries, after holding their first “two-plus-two” defense and foreign ministerial dialogue in November last year, are also now finalizing a reciprocal military logistics pact to further strengthen their strategic partnership.

インドは既に、米国、フランス、韓国、シンガポール、オーストラリアと、同協定を結んでおり、中国人民解放軍の軍艦・潜水艦による定期的な了解侵入問題が起きており、中国人民解放軍は、インド洋地域での中国の軍事的拡張に対抗する為、海軍の作戦範囲を拡大しています。

India has already inked such pacts with the US, France, South Korea, Singapore, and Australia to extend its naval operational reach to counter China’s expanding footprint in the Indian Ocean Region (IOR), which is witnessing regular forays by PLA warships and submarines.

日印の月ミッションを具体化、インドはインド宇宙研究機構(ISRO)主導で着陸技術を提供か

India-Japan Moon mission takes shape, Indian Space Research Organisation (ISRO) to lead lander tech

両国は、Covid-19 蔓延と戦っていますが、一方で、日本とインドは月着陸船と探査車を月面に置くなど計画を含む共同月面極探査を開始します。 プロジェクトでは、インド宇宙研究機構(ISRO)が、月面着陸に関する技術的開発をリードすると見られます。

Even as both the countries continue to battle Covid-19 pandemic, Japan, which will be launching a joint Lunar Polar Exploration (LPE) – that hopes to put a lander and rover on Moon’s surface has, for the first time, spelled out details of the project that will see ISRO lead the lander development.

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の詳細共有情報に従えば、ミッションは 2023 年以降に開始されます。インド宇宙研究機構(ISRO)は現在、2022 年に人間の宇宙飛行プログラム(ガガンヤーン)を予定しており、着陸機と探査機が必要となります。 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本人が着陸モジュール全体と月面探索計画を構築、ISRO が着陸システムを開発するとされています。

As per details shared by Japanese space agency JAXA, the mission will be launched after 2023 – ISRO currently has its human spaceflight program (Gaganyaan) scheduled for 2022 – and will involve a lander and a rover. JAXA shows that the Japanese would be building the overall landing module and the rover, while ISRO would develop the lander system.

このミッションの最初の考え方は、2017 年、バンガロールで開かれた複数宇宙機関会議で公表され、2018年にモディ首相が日本訪問をした際の政府間協議の内容の一部でもありました。インドの新聞 Times of India は、2019 年 9 月に報じました 、プロジェクトは、その後、進捗しており、双方の機関が、月への着陸について熱心に議論を進めました。 現在、今年の初めに設立されたプレ・プロジェクト・チームは、共同ミッションの包括的管理計画開発に取り組んでいます。 ISRO と協力して、宇宙船のシステムに必要な条件と、様々なインターフェースの在り方を調査しています。

The first thinking of this mission was made public in 2017, during a multi-space agency meeting in Bengaluru and it was then also part of the inter-governmental discussion during PM Modi’s visit to Japan in 2018. Times of India had reported in September 2019, that the project had since moved forward and both agencies were keen on landing on Moon together. Now, a pre-project team established earlier this year is working on developing a comprehensive management plan for the collaborative mission; investigate the spacecraft system requirements and the various interface specifications in collaboration with ISRO.

観測データの分析は、月の極域に水の存在を示唆。 JAXA は ISRO と協力し、将来の持続可能な宇宙探査活動に、水資源を利用実現可能性を判断するため、存在する水資源の量と形態に関するデータを取得する国際協力ミッションを計画している」と JAXA は述べています。 「この使命を通じて、将来の月での活動をサポートするため、低重力天体の表面を探索する為に必要な技術改善も目指しており、これらの進歩とともに、月面での移動技術、月面の夜時間の生存方法、採掘発掘のための技術も計画に含まれています」と JAXA は付け加えています。

“Analysis of observational data suggests the existence of water in the polar regions of the Moon. JAXA is working with ISRO to plan an international collaborative mission to obtain data on the quantity and forms of water resources present, in order to determine the feasibility of utilizing such resources for sustainable space exploration activities in the future,” JAXA said. “Through this mission, we also seek to improve the technology needed to explore the surface of low-gravity astronomical bodies in order to support future lunar activities These advancements include technology for mobility, lunar night survival, and mining excavation,”
JAXA added.

ラージャスターン州は日本の投資を強く期待表明

Rajasthan makes a strong case for Japanese investments

在日インド大使館は、ラージャスターン州西部・中央部における投資と貿易の相乗効果を模索するため、両国の政府機関とビジネスマンが共通に使えるプラット・フォームに纏めました。 投資と貿易の範囲を拡大しなくてはならない意図は明らかであり、中国からの投資に対する不信感がこの動きに拍車をかけています。

The Indian embassy in Japan brought the government agencies and businessmen of the two countries together on a common platform to explore synergies for investment and trade in the western and central
regions of the state. The intent to expand the scope for investment and trade was clear, spurred by disquiet over investments in China.

ラージャスターン州政府に代わって、ラージャスターン州産業開発投資公社(RIICO)の MD であるAshutosh Pednekar 氏は、州が投資家に提供出来るリソース、方法、インフラストラクチャーの利点に焦点に置いたプレゼンテーションを行いました。

For Rajasthan government, Rajasthan State Industrial Development and Investment Corporation (RIICO) MD Ashutosh Pednekar made a presentation drawing attention to the advantages that the state offers to
investors, in terms of resources, processes, and infrastructure.

ペデネカール氏は、同州投資の利点を次の様に纏めています。「この州の産物はインド各地に運ばれており、インド国民の 40%が各地の市場で簡単にアクセス出来ます。 インドで制定されている 44 の経済回廊のうち、8 つの回廊がラージャスターン州を通過しています。 ラージャスターン州は国内で 3 番目に大きな国道のネットワークを持っており、インドで唯一の亜鉛と鉛の産出州です。」 原材料から労働力、ロジスティクス・財政的インセンティブ、エコシステム全体と投資家を引き付ける事の出来た日本の工場ゾーンの成功例を詳しく説明しました。

Listing out the advantages, Pednekar said, “The state offers easy access to 40% market of the country by population. Out of 44 identified economic corridors in India, eight corridors pass through the state. Rajasthan is home to the third-largest network of national highways in the country and is the sole producer of zinc and lead in India.” From raw materials to manpower, logistics to financial incentives, Pednekar elaborated on the entire ecosystem and successful experiment of the Japanese zone to attract investors.

ここ数週間、ラジャスタン州政府は欧州に投資をする様勧めている様々な国口に働きかけており、産業に対する州のインセンティブの仕組みを説明して来ました。 また、自動車、ソーラー、繊維、アパレル、ロジスティクス、ミネラル、農業、及び、食品加工、石油化学製品、それらの川下製品など、更に追加的にインセンティブを提供出来る重点セクターも特定しました。

In recent weeks, the Rajasthan government is reaching out to various countries seeking investments and explaining the state’s incentive structure for industries. It has also identified thrust sectors like automotive, solar, textile and apparel, logistics, minerals, agro and food processing, petrochemicals and downstream products for which it provides additional incentives.

NECTechnologies India と Jaceex Ventures LLP が協力して、北東インド方面の人材向けトレーニング・プログラムを開始

Nippon Electric Company (NEC) Technologies India and Jaceex Ventures LLP team up to launch a training programme for North East Indians

NEC Technologies India(NEC India)と日本センター・オブ・エクセレンス(JACEEX)を運営するJaceex Ventures LLP は、北東部インドの若者を対象とした合同トレーニング・プログラムを立ち上げるために提携しました。 NEC は声明で、今後数年間で約 1,000 人の参加者がこのトレーニング・プログラムの恩恵を得、日本語、文化、ビジネス慣習に触れる事が期待されていると述べています。

NEC Technologies India (NEC India) and Jaceex Ventures LLP, which operates the Japan Center of Excellence (JACEEX), have partnered to launch a joint training program targeted at the youth of North East India. Approximately 1,000 participants are expected to benefit from this training program over the coming years, which will expose them to the Japanese language, culture and business practices, NEC said in a statement.

このパートナーシップでは、NEC は言語、及び、異文化トレーニング・アカデミーである NEC 日本語アカデミー(NJLA)を通して、ナレッジ・パートナーとして働き、JACEEX はインド北東部の様々な都市に、JACEEX 日本語アカデミー(JJLA)センターを設立します。

As per this partnership, NEC will work as a knowledge partner through its language and inter-cultural training academy, NEC Japanese Language Academy (NJLA), and JACEEX will set up JACEEX Japanese Language Academies (JJLA) centers in various cities of the North East.

NEC インドの副専務理事である Piyush Sinha 氏は、次の様に述べています。

「インド北東部への日印投資は、物理的なインフラストラクチャを改善するだけでなく、社会的な福祉、基本的な人間のニーズ、人材開発にも焦点を当てています。 JACEEX とのパートナーシップにより、学生は視野を広げ、雇用可能性を向上させる事ができます。」

Piyush Sinha, Deputy Managing Director, NEC India, said, “The Japan-India investments in North East India not only improve the physical infrastructure, but focuses on the social well-being, basic human needs
and talent development too. Our partnership with JACEEX will help students expand their horizons and improve their employability.”

北東インドは、旅客接待業務、観光、農業、繊維、及び、食品製造、看護、高齢者介護に至る迄、大きな可能性を秘めた高度人材を擁する地域であり、このパートナーシップにより、若者のスキルを向上させ、雇用を容易にし、地域の社会経済的幸福感向上に貢献出来ます、と Jaceex Ventures LLP の創設者兼 CEO である Rajeev Gupta 氏は、述べました。

North East India is a region with a high-quality human resource who have vast potential in hospitality, tourism, agriculture, textile and food manufacturing, nursing and eldercare, and this partnership will help improve the skills of young people to make them employable and improve the region’s socio-economic wellbeing, said Rajeev Gupta, Founder, and CEO, Jaceex Ventures LLP.

日本経済

Japan’s Economy

Covid-19:日本経済は慎重に再開、健康リスクとのバランスを保っています

Covid-19: Japan’s economy reopening cautiously, balancing health risks

日本経済は慎重に再開されており、コロナウイルス蔓延の中、社会的距離を保っています。

Japan’s economy is opening cautiously, with social-distancing restrictions amid the coronavirus pandemic.

SMBC 日興証券の市場経済担当チーフ丸山 義正氏は、日本のコロナウイルス規制は米国、ヨーロッパ、その他アジア地域の封鎖程厳格では無かったものの、被害は依然として大きかったと語りました。 日本経済は、既に、昨年の増税により打撃を受けていました。 その後、コロナウイルスがヒットした際、米国・ヨーロッパ向けの自動車輸出が急落しました。 消費者支出が急速に回復する可能性は低いです。 「ロックダウンが解除された後、アメリカ人は、喜んだかも知れません。しかし、将来に対する不透明感のため、(日本人の)支出に対する考え方はまだまだ慎重な傾向があります」と丸山氏は述べました。

Yoshimasa Maruyama, the chief market economist at SMBC Nikko Securities, said although Japan’s coronavirus restrictions were never as strict as the lockdowns in the US, Europe and some other parts of Asia, the damage was still considerable. Japan’s economy was already hurting from a tax increase last year. Then auto exports to the US and Europe plunged when the coronavirus hit. Consumer spending is unlikely to recover quickly. “Americans may feel happy after the lockdown is lifted. But the Japanese mindset tends to become even more cautious about spending because of uncertainties about the future,” Maruyama said.

パンデミック前の経済活動への復帰は、米国の回復が見込まれる時点から更に 1 年後の 2023 年辺りで、日本では休息な回復は期待出来ない無いと、同氏は述べました。 日本の輸出入は激減しています。 世界で 3 番目に大きい経済大国である日本は、2 四半期連続で経済が縮小しており、既に公式にも景気後退局面にあります。 政府は、地場企業への支援や、消費者に支出を誘導するため、成人 1 人当たり 10 万円(930 ドル)の現金配付を含む 230 兆円(2 兆ドル)の景気刺激策を発表しました。

A return to pre-pandemic levels of economic activity is not expected for Japan until 2023, a year after a likely recovery in the US, he said. Japan’s exports and imports have plunged. The world’s third-largest economy has contracted for two straight quarters and is already officially in recession. The government has announced 230 trillion yen ($2 trillion) in stimulus, including help for local businesses and cash handouts of 100,000 yen ($930) per adult to induce consumers into spending.

日本政府観光局によると、5 月の 1,700 人の来日者数は、前年比 99.9%減であり、1964 年に政府が調査を開始して以来最低の数値です。

海外・日本国内の旅行は、ウイルスの蔓延を抑制するための政府の「緊急事態」の下で、一時的に制限されましたが、現在国内旅行は推奨されています。 政府は日本各地の観光地で利用できる割引クーポンを配布しています。

The 1,700 visitors to Japan in May was a decrease of 99.9% from the year before, according to the Japan National Tourism Organization, and the lowest figure since the government began keeping track in 1964.

In recent years Japan has attracted about 30 million visitors from abroad. Travel within Japan was temporarily curtailed under a government “emergency” to curb the spread of the virus but is now encouraged. The government is giving out discount coupons to use at tourist spots.

日本はパンデミックによる景気の落込みに対処するため記録的な追加予算を承認

Japan approves record extra budget to address pandemic fallout

国会は、過去最高の 31.91 兆円(2,800 億ドル)の追加予算を承認、コロナウイルスの世界的流行による社会的、経済的影響を以前の予算規模の 2 倍に拡大しました。 日本は、ウイルスと共生すると言う新たな生き方をする見通しに直面しており、約 117兆円に相当する追加の景気刺激パッケージ資金を供給するために創設された 2020 年度の第 2 次補正予算は、参議院により承認されました。 参議院の予算委員会は、第一線の医療スタッフへの財政援助と、中小企業への補助金に焦点を当てたパッケージを承認しました。

The Diet enacted a record ¥31.91 trillion ($298 billion) extra budget, allowing it to scale up measures designed to offset the social and economic fallout from the coronavirus pandemic to twice the previous level. As Japan faces the prospect of a new normal living with the virus, the second supplementary budget for fiscal 2020, designed to fund an additional package worth about ¥117 trillion, was approved by the House of Councilors. The Upper House’s budget panel endorsed the package, focusing on financial aid for front-line medical staff and subsidies for small businesses.

大部分の野党議員は、パンデミック禍の経済的苦痛を和らげる為より多くの対策を実施する必要性を強調しています。 しかし、彼らは、現金給付方法に満足していません。

A large majority of opposition lawmakers have stressed the need to implement more measures to soften the economic pain of the pandemic. But they are not all satisfied with the way in which new cash has been allocated.

政府は予算の一環として、COVID-19 患者を治療する病院の従業員 1 人辺り 20 万円、ベッドを確保し、呼吸器疾患のある人々を受け入れる準備が出来ている医療機関の職員 1 人辺り 10 万円を提供します。 一部の小企業や個人事業主は、現金が不足しているため、家賃の支払いを支援するために、一企業・個人経営業に対し上限 600 万円を支援します。 22 兆 6,100 億円の赤字国債を含む政府債務で、予算全体を賄います。

As part of the budget, the government will give ¥200,000 to each worker at hospitals treating COVID-19 patients and ¥100,000 to each member of staff at medical institutions that have secured beds and are prepared to accept people with the respiratory disease. Some small firms and individual proprietors that are running low on cash will be provided with aid to an upper limit of ¥6 million to help them make rent payments. Government debt, including ¥22.61 trillion in deficit-covering bonds, will finance the budget entirely.

国の財政状態は主要国の中で最悪であり、公的債務は 1100 兆円を超えています。 安倍政権は、企業の雇用維持と医療体制の強化を目的として、5 兆円を基金に充てる事にしました。

The country’s fiscal health is the worst among major economies, with public debt topping ¥1,100 trillion. Abe’s administration has decided to earmark ¥5 trillion out of the fund for the purpose of helping firms maintain employment and strengthening the medical systems.

日本は COVID-19 接触追跡モバイル・アプリの立ち上げを目指しています

Japan aims to launch COVID-19 contact tracking mobile app

厚生労働省によれば、日本は来週、アップル社とアルファベット社(グーグル)のテクノロジーによるスマートフォン・アプリを市場に出し、感染者との密接な接触を追跡調査出来る様にし、コロナウイルスの蔓延抑制を図る事を目指しています。

Japan aims to launch a smartphone app based on technology from Apple Inc and Alphabet Inc`s Google next week to help curb the spread of coronavirus by tracking close contact with those infected, Health Ministry said.

アプリがインストールされたスマートフォンは、Bluetoot による近距離無線を介し、お互いを検出し、密接に接触した人をログに記録出来ます。 携帯アプリ・ユーザーが感染している事が判明した場合、その個人の半径 1 メートル(3.3 フィート)範囲内に、過去 14 日以内に 15分以上滞在した人は、コロナウイルスに感染している可能性が通知され、医療相談を求めるように促されます。

Smartphones with the app installed can detect each other via Bluetooth short-range wireless and log those who have come in close contact. If a phone user is found to be infected, people who spent more than 15 minutes within a radius of one meter (3.3 feet) of that individual sometime over the previous 14 days will be notified that they were in close contact with a coronavirus-infected person, and be prompted to seek medical consultation.

新コロナウイルス免疫反応が陽性であるとされた誰かと接触した可能性を知る事により、(アプリ)ユーザーは、診断テストへのアクセスなどを、公衆衛生センターから、早期サポートを受ける事ができます」と厚生省声明は述べています。 「ユーザー数の増加が、感染拡大の防止に役立つ事を期待しています」とし、プライバシーの懸念を考慮に入れています。経済再開を目指して、コロナウイルス感染可能性を、人々に素早く通知する為に、数十か国が連絡先追跡アプリを立ち上げたり、計画したりしています。 同省によると、スマートフォン・ユーザーのプライバシー保護をする為、日本で発売されるこのアプリは、名前、電話番号、ユーザーの場所、その他の個人情報を収集しないとの事です。

“By knowing the possibility of having come into contact with someone tested positive for the new coronavirus, (app) users can get early support from a public health center such as access to a diagnostic test,” a health ministry statement said. “We expect an increase in the number of users will help prevent the spread of infection.” Dozens of countries have launched or plan contact tracing apps to notify people quickly of possible coronavirus exposure as they look to reopen their economies, although such methods have fueled privacy concerns. To give smartphone users privacy protection, the app Japan will be launching does not collect names, phone numbers, user location, and other personal information, the ministry said.

日立は ABB 社の電力網事業の買収を完了、事業拡大を計画

Hitachi completes acquisition of ABB’s power grids business and plans expansion

電子・機械大手の日立製作所は、スイスの重機メーカーABB 社から、枝分かれした電力網会社の買収を完了。日立は、7,400 億円を投じて、現在は Hitachi ABB と名付けられた電力網会社の株式 80.1%を購入。会社名は Hitachi ABB Power Grids Ltd.です。日立は、グローバルな電力網事業の立ち上げ、完全子会社化することを目指しており、投資額は更に 1 兆円に迄拡大予定です。

Electronics and machinery giant Hitachi Ltd. has completed the acquisition of a power grid company carved out from Swiss heavy machinery maker ABB Ltd. Hitachi said it spent ¥740 billion, to buy an 80.1 percent stake in the power grids company, now named Hitachi ABB Power Grids Ltd. The investment will be expanded further to ¥1 trillion as Hitachi aims to make it a wholly-owned subsidiary to ramp up its global power grids business.

電力網市場では、太陽光発電などの再生可能エネルギーの使用が更に広がると予想されるため、大きな成長可能性を秘めています。 エネルギー事業を担当するのは日立の執行副社長である西野壽一氏で、日立 ABB パワーグリッド社の会長を兼務。 同社はチューリッヒに拠点を置き、ビジネス開始しました。

The power grids market has big potential for growth as the use of renewable energy, such as solar power, is expected to spread further. Toshikazu Nishino, Hitachi executive vice president responsible for its energy business, doubles as chairman of Hitachi ABB Power Grids. Based in Zurich, the company started the business.

日立は新会社を通じて、モノのインターネット(IoT)技術を活用した、安定した電力供給のための高度な需給バランス機能を備えた電力網を開発したい、と考えています。 日立は、2023 年迄に新会社の残りの 19.9%の株式を取得する予定です。ABB 社の電力網事業は、年間売上高が約 1 兆円であり、世界最大の規模となっています。

With the new company, Hitachi hopes to develop power grids with an advanced supply-demand balancing function for stable power supply by utilizing its Internet of Things (IoT) technology. Hitachi plans to acquire the remaining 19.9 percent stake in the new company as early as 2023. ABB’s power grids business earned annual revenue of some ¥1 trillion, making it the largest of its kind worldwide.

日本銀行、ウイルス蔓延で損失を蒙った企業への資金援助を拡大

Bank of Japan expands financing support for firms hit by the virus

日本銀行は、国の経済を支えるため、超大型金融緩和政策を維持しながら、新コロナウイルスの大流行により被害を受けた企業への資金援助を拡大する事を決定。 中央銀行は政策会合で 75 兆円(7,000 億ドル)の企業支援策を 110 兆円に迄、更に引き上げる事を決定。積極的な資産購入プログラムと供に、長期金利を約 0%に導き続けながら、短期金利をマイナス 0.1%のままとしました。

The Bank of Japan (BOJ) decided to expand its financing support for businesses hit by the novel coronavirus pandemic while maintaining its ultra-easy monetary policy in a bid to underpin the country’s economy. The central bank decided at its policy meeting to further boost its ¥75 trillion ($700 billion) corporate support measures to ¥110 trillion. It left short-term interest rates at minus 0.1% while continuing to guide long-term rates to around 0%, alongside an aggressive asset purchase program.

日本銀行は、企業融資支援拡大を、中小企業向けの 30 兆円の無利子融資スキームと同様、大企業向けの25兆円のプログラムを導入決定後に行います。 更に、年間の社債やコマーシャル・ペーパーの購入額は最大で 20 兆円を目標とします。

The expanded corporate financing support comes after the BOJ decided last month to introduce a ¥30 trillion interest-free loan scheme targeted at small and medium-sized companies, and a similar ¥25 trillion program for large firms, in addition to its annual targets for corporate bond and commercial paper purchases worth up to ¥20 trillion.

日本経済は、新型コロナウイルスの影響のため非常に厳しい状況にある」と日銀は、2 日間続いた会合の後に発表された声明で述べました。 経済見通しについては、中央銀行は、国の経済は「当面は厳しい状況に留まる可能性が高い」と述べ、「コロナ禍への支援策もあり、緩和的な財政状況と、政府の経済対策に支えられており、経済は改善する」と予想しています。 日銀は 2%のインフレ目標を維持しながら、躊躇する事無く「必要に応じて追加の緩和策」を講じると言うコミットメントを繰り返しました。

“Japan’s economy has been in an extremely severe situation due to the impact of the novel coronavirus,” the BOJ said in a statement released after its two-day meeting. As for the economic outlook, the central bank said the country’s economy “is likely to remain in a severe situation for the time being,” but it is expected to “improve, supported by accommodative financial conditions and the government’s economic measures” as the impact of COVID-19 subsides. The BOJ maintained its 2% inflation target while repeating its commitment to taking “additional easing measures if necessary” without hesitation.

トヨタ、在宅勤務プログラムの範囲を拡大

Toyota to broaden scope of work-from-home program

トヨタ自動車は 9 月から、テレワークプログラムを全てのオフィス・ワーカーにだけでは無く、一部の専門家も対象拡大する予定であると会社関係者は述べました。 この動きにより、日本の大手自動車メーカーは、コロナウイルス感染のリスクを軽減し、作業をより柔軟かつ多様化し、生産性を向上させることを目指しています。

Toyota Motor Corp. will expand its teleworking program to cover not only all office workers but some professionals, starting in September, company officials said. With the move, the leading Japanese automaker aims to reduce coronavirus infection risks, make work more flexible and diversified, and improve productivity.

トヨタは、2002 年に、総合職従業員の育児支援をする在宅勤務プログラムを導入しました。 今年 3 月末には、新型コロナウイルス蔓延に対応するため、愛知県豊田市の本社、東京、名古屋のオフィスに在宅勤務をするなど、特別にプログラムを拡大しました。

Toyota introduced the work-from-home program in 2002 exclusively for career-track employees to support their child-rearing. The program was specially expanded at the end of March this year in response to the spread of the novel coronavirus outbreak, having office workers at its headquarters in Toyota, Aichi Prefecture, and offices in Tokyo and Nagoya’s work from home.

特別措置は 5 月 31 日に終了しましたが、同社はテレワークを推進し続けています。 関係者によると、全ての総合職社員と事務員は、9 月から通勤する必要はなくなります。更に、トヨタは特定の熟練労働者による遠隔作業を許可する予定です。 ただし、このような専門家は製品開発エンジニアからテスト・ドライバー、工場労働者迄様々であるため、具体的に誰が対象となるかは、まだ決まっていません。

The special measure ended May 31, but the company has since kept promoting teleworking. According to the officials, all career-track workers and clerical workers will not have to commute from September. In addition, Toyota plans to allow remote working by certain skilled workers. But the company has yet to determine who will specifically be covered by the program because such professionals vary from product development engineers to test drivers and factory workers.

インド・ニュース

India Economy

国営銀行は、零細・中小企業(MSME)が容易にローンを受けられる様支援

Public Sector Banks are working to help Micro, Small & Medium Enterprises (MSMEs) get easy loans

原案を政府高官が作ったにも関わらず、零細・中小企業(MSME)への融資方針と各銀行支店レベルでのローン実施との間にギャップがあると言う事態が生じています。しかし、各国営銀行は現在、コロナ影響下のストレス期間を、乗り切るため、事業主にローン支援を提供しようとしています。政府の零細・中小企業(MSME)向けローン・プログラムをより的確に実行しようとしてしている、と専門家は述べています。

Acknowledging that there is a disconnect between lending policies to micro, small and medium enterprises (MSMEs) drafted by senior bank officials, and implementation at the branch level, public sector banks are now offering help to business owners to navigate through periods of stress. This will help target the government’s MSME loan program better, experts said.

インド・ステート・バンク(SBI)のマネージング・ディレクターChalla Sreenivasulu Setty 氏は、次の様に述べています。「零細・中小企業(MSME)に融資をする際には、銀行本店や支店の多くの部門に関与と手数が必要です。これは大変な事です。 資産担保の貸付枠、当座貸越枠を顧客が取得する為には、顧客は銀行を 30〜45 日間通わなければなければならない、と言う恐ろしい話があります。零細・中小企業(MSME)への貸付の 30-35%は、マイクロ・ファイナンス機関(MFI)と非銀行(ノンバンク)金融機関(NBFC)が扱っており、多くの顧客は銀行から融資を受けていません。この現実を完全に変える事は出来ませんが、効率的化するためのシステムを導入する必要があります。地域別担当者は、零細・中小企業(MSME)に対して単一の窓口にならなければなりません。地域別担当者は零細・中小企業(MSME)を導き、迅速に金融製品を利用可能にする必要があります。」

“Lending to an MSME requires a lot of engagement and handholding from the bank and branches found this difficult,” said Challa Sreenivasulu Setty, managing director, State Bank of India. “This has resulted in simple MSME products not being delivered in time, like loan against property or an overdraft. There are horror stories of customers having to visit a bank for 30-45 days (to get an overdraft). That is why Micro Finance Institutions (MFIs) and Non-Banking Financial Institutions (NBFCs) have 30-35% market share of lending to MSMEs as most customers were not taken care of by banks. This disconnection cannot be completely removed, but we need to put an efficient system in place. The zonal officers will now be a single point of contact for MSMEs. They need someone to guide them and quickly make products available.”

5 月 13 日、政府は、中小企業経営者が covid-19 の危機を乗り超える為に役立てる目的の 3 兆ルピーの緊急信用保証に基づく融資制度を発表しました。 しかし、これ迄の所、このスキームに基づいて、約3,200 兆ルピーに相当する融資が公営銀行によって裁可されただけです。 Forbes Marshall 社の共同議長である Naushad Forbes 氏は、「これらは低コストの資金であり、信用保証が整っているため、銀行は零細・中小企業(MSME)に迅速に融資実行すべきです」と語りました。 中央政府と不良債権を恐れる各銀行の融資実行業務は上手く行かない傾向があり、ローン実行を困難にしまています。」

On 13 May, the Centre had announced an emergency credit guarantee line scheme of ₹3 trillion to help small business owners tide over the covid-19 crisis. However, so far, loans worth only about ₹32,000 crore have been sanctioned by public sector banks under the scheme. “Banks should disburse loans quickly to MSMEs as these are low-cost funds and credit guarantees are in place,” said Naushad Forbes, cochairman, Forbes Marshall. “At the same time, there are so many loan review mechanisms to ensure there is no bad lending. These two policies tend to fight against each other (making loan disbursal difficult).”

6 月の輸出データは速い回復の数値を示しています

June exports data to reflect faster recovery

ピユーシュ・ゴヤル商工大臣によれば、同国の輸出は、COVID-19 の大流行により 4 月・5 月に大幅に縮小した後、「急速に回復」しており、6 月のデータに上昇傾向が反映されるとの事です。

大臣は、ビデオ会議で、輸出促進委員会に参加、6 月の輸出データは、増加傾向を反映しており、「商品の輸出額は、昨年の同期比でほぼ 88%に達している」と述べました。

The country’s exports, after contracting drastically in April and May due to the COVID-19 pandemic, are “recovering fast” and it will be reflected in the data for June, Commerce, and Industry Minister Piyush Goyal said.

Addressing export promotion councils through video conferencing, the minister said the June data will reflect the gains, “with the merchandise export figures touching almost 88% of the corresponding period last year.”

海外市場の殆どは、インドの様に「注目に値する」復活を遂げる事が出来なかった、と述べ、輸入の増加は、まだ遥かに遅れています。「輸出は、COVID-19 が原因で今会計年度の最初の 2 か月は後退しましたが、その後、ロックダウン解除プロセスが進み、経済活動が復活するに連れ、急速に回復している」と述べました。 更に輸出許可件数が増え、貿易状況が更に改善される事が期待されています。

Most of the markets abroad have not been able to make such a “remarkable” comeback, he said, adding imports are still far behind. “The exports, after setbacks in the first two months of this financial year due to COVID-19, are recovering fast, as the unlock process gains and the economic activity makes a revival,” he said. He also said that as Unlock 2.0 has come with more permission, it is expected that things will further improve.

大臣は、業界に対し、特定の地域に過度に依存した輸入を避ける様、要請しました。これは長期的視点から見て、自国に取って好ましくない結果に繋がる恐れがある為です。インドで物を造る事、インド人の人的資源と熟練した人材を使う事、高品質の製品を生産する事、そして、手頃な価格の製品を提供する為に規模の経済を追及する事を勧めました。

The minister called upon the industry to avoid over-dependence on imports and certain geographies, as this leads to dire consequences in the long-term. He exhorted them to make in India, use indigenous resources and skilled manpower, produce quality products, and use the economies of scale to deliver affordable products.

インドの外国為替準備高は初めて半兆ドルを超えました

India’s Forex Reserves cross half-trillion dollars for the first time

インドの外貨準備高は 6 月 5 日の週に 82 億ドル増え、インド史上初めて、画期的な数値である 5,000 億ドルを超えました。 インド準備銀行(中央銀行)は外貨資産が全体として報告のあった週には、84 億ドル増え、過去最高の 4,630 億ドルを記録。外国為替の積み立ては健全に増加。インド準備銀行によれば、増加は主に、リライアンスとコタック・マヒンドラの外貨資金調達が背後にあった、と言う事です。

India’s foreign exchange reserves raised $8.2 billion in the week of June 5 and have now crossed the milestone $500 billion mark for the first time in country’s history. The healthy surge in the forex kitty was largely on the back of capital raising rounds by Reliance and Kotak Mahindra as the foreign currency asset held by the Reserve Bank of India raised $8.4 billion and stood at a record $463 billion in the reporting week, data released by the central bank showed.

米ドルで表示される外貨資産高には、ユーロ、ポンド、円などの米ドル以外の通貨の通貨高、通貨安など為替変動の影響が含まれます。 インドのインド準備銀行(中央銀行)によれば 1 年以上前から、外貨準備高が増え続けています。ロシアと韓国が、中国と日本に次ぐ外国為替準備の大きな保有者となっています。

Expressed in US dollars, foreign currency assets include the effect of appreciation or depreciation of nonUS currencies such as the euro, pound and yen held in the reserves. India’s central bank has been shoring up its foreign reserves since over a year and in the process has Russia and South Korea as the thirdbiggest holder of forex reserves only behind China and Japan.

Axis Bank のチーフ・エコノミストである Saugata Bhattacharya 氏は、「外国直接投資と国内金融機関と非銀行会社(ノンバンクファイナンス)による債権による資金調達が原因で流入する資金が、外貨の流入増に大きく貢献したと考えています」と述べています。

“We feel that the inflows coming in on account of Foreign Direct Investment and debt raising exercises by domestic financial institutions and Non-Banking companies would have largely contributed to the surge in inflow,” Saugata Bhattacharya is the Chief Economist at Axis Bank.

連邦準備銀行(RBI)の準備残高管理の主な方針手法は、準備金流動性確保と安全性です。 最新の RBI データが示している様に、金で保有されている準備金など、インドの外貨準備のドル以外の他の要素は、報告週では 3 億 2,900 万ドル減少、32.352 億ドルになりました。 これとは別に、IMF での SDR(特別引き出し権)と中央銀行の準備ポジションは、この期間にそれぞれ 14 億ドルと 42 億ドルでした。

The prime objective of RBI’s reserve management policy is the liquidity and safety of reserves. Other components of India’s foreign reserves such as its reserves held in gold declined by $329 million in the reporting week and stood at $32.352 billion, the latest RBI data showed. Separately, SDR and central bank’s reserve position at IMF stood at $1.4 billion and $4.2 billion respectively, in this period.

6 月の失業率は 5 月の 23.5%から 11%に緩和

June unemployment rate eases to 11% from 23.5% in May

インド経済監視センター(CMIE)の月次データによれば、インドの失業率は 5 月の 23.48%から 6 月の10.99%に低下。 6 月のデータは、インドが 6 月 1 日から経済を暫時活発化し、いくつかのセクターを開放し続けたため、活動数値は経済活動の再開が反映されています。 自営業者の就業状態も回復して来ました。

India’s unemployment rate fell to 10.99% in June from 23.48% in May, Centre for Monitoring India Economy (CMIE) said in its monthly data. The June data is reflective of the resumption in activities as India unlocked its economy from 1 June and continued to open up several sectors. Self-employment avenues opened up.

インドの農村部の失職率は 6 月は 10.52%で、5 月の 22.48%から低下しました。一方、都市の失業率は 1か月前の 25.79%に対して、当月は 12.02%でした。 ただし、これらの数値は、3 月、及び、2 月に記録された数値よりも依然として高いです。 全体の失職率は、3 月が 8.75%、2 月が 7.76%でした。

The job loss rate in rural India was 10.52% in June, down from 22.48% in May, while urban unemployment was 12.02% in the month as against 25.79% a month ago. However, these numbers are still higher than those recorded in March and February. The overall job loss rate was 8.75% in March and 7.76% in February.

経済学者は、市場におけるビジネス損失と需要の減少により、新しい雇用創出の進捗が鈍化した可能性があると述べており、6 月の失業率の低下は、ロックダウン・プロセスの緩和開放、農業活動、農村雇用保証制度の下での支援による良い配分効果による物である、と見ています。

Economists have said business loss and shrinking demand in the market may slow down the progress of new job creation hereon, and the fall in the unemployment rate in June was due to the unlocking process, agricultural activities, and better allocation under the rural employment guarantee scheme.

労働経済学者達は、農村部では、播種期が順調であり非正規雇用が増える可能性があり、農村部の雇用シナリオは、都市部の失業率よりも、遥かにましである主張しています。 これとは対照的に、(都市部での)正規雇用者の失業は、需要復活に時間がかかる、と彼らは付け加えました。 XLRI Jamshedpur の労働経済学教授である K.R.シャムスンダール氏は、「零細・中小企業(MSME)の置かれた状況は厳しく、正規雇用部門は仕事が減っている」と述べました。

Labor economists argue that the rural employment scenario is much better than the urban unemployment rate due to a robust sowing season and other options available in informal jobs space. In contrast, joblessness in the formal sector job creation is driven by demand which will take time to revive, they added. “MSMEs are in a bad shape and formal sectors are shedding jobs for survival,” according to K.R. Shyamsundar, a labor economist and professor at XLRI Jamshedpur.

インドは EU、日本、米国の鉄鋼製品にアンチ・ダンピング関税を課す可能性あり

India may impose anti-dumping duty on steel products from EU, Japan, US

インドは、EU 諸国、日本、米国、韓国からの特定の鉄鋼製品の輸入に 5 年間、アンチ・ダンピング関税を課す可能性があります。これらの国からの安価な輸入品から国内の生産者を守るためです。 調査後、商務省の調査部門の貿易救済総局(DGTR)は、これらの国からの製品にアンチ・ダンピング関税を課す事を推奨しました。

India may impose anti-dumping duty on imports of certain steel products from the European Union, Japan,the US and Korea for five years with a view to guard domestic players from cheap imports from these countries. After conducting an inquiry, the commerce ministry’s investigation arm Directorate General of Trade Remedies (DGTR) has recommended imposition of the anti-dumping duty on the product from these countries.

推奨されれた関税は、トン辺り 222 ドルから 334 ドルの範囲。「当局は、国内産業への損害を取り除く為に、ダンピングのマージン分と(国内産業への)ダメージ分の小さい方に等しいアンチ・ダンピング関税を課す事を推奨しており、更に、決定されたな反ダンピング関税は 5 年間課されるべき」と貿易救済総局(DGTR)は通知しました。

The duty recommended is in the range of $222 per tonne to $334 per tonne. “The authority recommends imposition of anti-dumping duty equal to the lesser of the margin of dumping and the margin of injury, so as to remove the injury to the domestic industry. Accordingly, definitive anti-dumping duty…is recommended to be imposed for five years,” the DGTR said in a notification.

貿易救済総局(DGTR)は調査後、製品がこれらの国から通常の値を下回ってインドに輸出されたと結論付け、不当価格となり、国内産業に影響を与えていると、結論付けました。 世界的貿易規範(標準)によれば、国内の製造業者に平等な競争の場を提供する為に、そのような廉売された製品に関税を課す事が国によって許可されています。 この義務は、インドの貿易救済総局(DGTR)などの準司法機関による徹底的な調査の後にのみ課せられます。

The directorate said in its probe, it has concluded that the product has been exported to India from these nations below its associated normal value, which has resulted in dumping and in turn impacting the domestic industry. According to global trade norms, a country is allowed to impose tariffs on such dumped products to provide a level-playing field to domestic manufacturers. The duty is imposed only after a thorough investigation by a quasi-judicial body, such as DGTR, in India.

アンチ・ダンピング関税課税は、世界貿易機関(WTO)体制下で許容されています。 この種の関税課税の役割は、公正な取引慣行の場を確保し、国内の生産者が外国の生産者や輸出業者に対し、平等なビジネスの場を与える事を目的としています。

The imposition of anti-dumping duty is permissible under the World Trade Organization (WTO) regime. The duty is aimed at ensuring fair trading practices and creating a level-playing field for domestic producers vis-a-vis foreign producers and exporters.

インテル・キャピタルは 18.94 億ルピーを Jio Platforms に投資し、同社 11 番目の投資家になりました

Intel Capital invests ₹1,894 crore to become 11th investor in Jio Platforms

Reliance Industries Limited(RIL)と Jio Platforms Limited は、Intel Capital が Jio Platforms に.018945 兆ルピーを投資し、4.91 兆ルピーの株価価値、5.16 兆ルピー企業価値のある Jio Platforms に投資すると発表。インテル・キャピタルの投資は、完全に希薄化された基準で Jio Platforms の 0.39%の株式に換算されると、 RIL は公式声明で述べた。 インテルは最近 Jio Platform に投資した企業のリストに加わり、総投資額は Rs 1.1 兆ルピーになりました。

Reliance Industries Limited (RIL) and Jio Platforms Limited announced that Intel Capital will invest ₹ 1,894.50 crore in Jio Platforms at an equity value of ₹ 4.91 lakh crore and an enterprise value of ₹ 5.16 lakh crore. Intel Capital’s investment will translate into a 0.39% equity stake in Jio Platforms on a fully diluted basis. RIL said in an official statement. Intel is latest to join the list of firms who have recently invested in Jio Platform, taking the total investment amount to Rs 117,588.45 crore.

Jio Platforms は、3億8,800万人以上の加入者を擁しており、インド全土に高品質で手頃な価格のデジタル・サービスを提供する事に焦点を当てた次世代テクノロジー・プラットフォームであり、Intel Capital は Intel Corporation の投資部門です。

Jio Platforms is a next-generation technology platform focused on providing high-quality and affordable digital services across India, with more than 388 million subscribers and Intel Capital is the investment arm of Intel Corporation.

Reliance Industries Limited (RIL)の会長兼マネージング・ディレクターMukesh Ambani 氏は、次の様に述べてました。 「インテルは、世界をリードするテクノロジー企業、RIL に取って、貴重なパートナーであり、インテル・キャピタルは優れた実績を持っています。私たち(RIL)はインテルと協力して、インド経済全セクターに力を与え、13 億人のインド人の生活の質を改善する最先端のテクノロジーを手に入れ、インドの生活の質を上げる(潜在)能力を前進させる事に興奮しています。」
Mukesh Ambani, chairman and managing director of RIL, said, “Intel is a true industry leader, working towards creating world-changing technology and innovations. Intel Capital has an outstanding record of being a valuable partner for leading technology companies globally. We are therefore excited to work together with Intel to advance India’s capabilities in cutting-edge technologies that will empower all sectors of our economy and improve the quality of life of 1.3 billion Indians.”

インテル・キャピタルのプレジデント、ウェンデルブルックス氏は、次の様に述べています。 「私たちは、Jio Platforms 社が、価格競争力あるエンジニアリング力を持ち、インテルが最先端技術を開発し、人々の生活を豊かにする、と見ており、デジタル・アクセスとデータが、ビジネスと社会をより良く変える事が出来る、と信じています。 この投資を通じて、インテルが重要なプレゼンスを維持しているインドでのデジタル変革を促進できる事を嬉しく思います。」

Wendell Brooks, Intel Capital President, said, “Jio Platforms’ focus on applying its impressive engineering capabilities to bring the power of low-cost digital services to India aligns with Intel’s purpose of delivering breakthrough technology that enriches lives. We believe digital access and data can transform business and society for the better. Through this investment, we are excited to help fuel digital transformation in India, where Intel maintains an important presence.”


ニュース・ソース

Source: JICA, IBG News, Japan Times, Economic Times, The Hindu, Hindustan Times, Live Mint, National Herald, Business Standard, The Tribune, India.com

KrayMan Consultants LLP社につきまして

弊社は会計及び助言サービスを行う会社であり、財務財務確認、税及び税関連規則、会社秘書役、企業ファイナンス、法令遵守、外部委託、ヴァーチャルな最高財務責任者、人事サービスを専門業務として実行致しております。

弊社は、以下の団体のメンバーとなっております。

  • インド日本商工会(JCCII) –400 社以上の日系の会社が加盟しており、日本企業の活動支援をしております。
  • プライム・アドバイザリー・ネットワーク(PAN)、英国が拠点の会計士及び法律家の団体であり、60カ国以上が参加しております。
  • クロスボーダー・アソシエイツ(CBA)、ドイツが拠点のM&A活動に特化した団体であり、95カ国以上が参加しております。

弊社は会計士、会社秘書役、経営学修士、弁護士、管理系会計専門職などの専門家集団であり、お客様が満足感をお持ち戴ける専門的で品質の高いサービスを時間厳守でご提供致します。

KrayMan Consultants LLP

KrayMan is an Accounting & Advisory Firm specializing in Assurance, Tax & Regulatory, Corporate Secretarial, Corporate Finance, Compliance & Outsourcing, Virtual CFO and Human Resources services

We are members of following associations:

  • Japan Chamber of Commerce and Industry in India (JCCII) – an organization of more than 400 Japanese companies working towards the welfare of Japanese companies in India
  • Prime Advisory Network (PAN), United Kingdom – a network of Accountants and Lawyers with presence in more than 60 countries
  • Cross Border Associates (CBA), Germany – specializing in mergers & acquisitions activities having presence in more than 95 countries

We have a team of dedicated professionals including (CAs, CS, MBAs, Lawyers and CMAs) who are truly committed in providing timely, professional and quality services to our Clients by going that extra mile.

弊社の日本ビジネス

日本のインド投資は弊社の重要業務分野です。弊社は、インドにある日系企業への助言や法令遵守の関する問題を一か所で解決します。弊社は若く、ダイナミックで成長を続けている組織であり、日本のお客様と密接な経験を積み上げております。弊社は、日本の企業がインドで事業を行うために必要な経験に基づく質の高い専門的な助言を出来るチームを持っています。製造業、商社、サービス業など様々な職種の日本企業を支援しております。弊社の使命は、お客様に高品質のサービスを提供する事です。

Japan Business at KrayMan

The Japan-India investment entry is a key focus area for us. We are a one shop – stop solution for the advisory and compliance needs of Japanese companies in India. We are a young, dynamic and a growing organization with relevant experience of working with Japanese Clients. We have a team of experienced and qualified professionals advising Japanese Clients on doing business in India. We are largely assisting Japanese companies in India across sectors like manufacturing, trading & services. Our focus is to deliver High Quality Client Service.

Disclaimer

The information and opinions contained in this document have been compiled or arrived at from published sources believed to be reliable, but no representation or warranty is made to their accuracy, completeness
or correctness. The information is only for general guidance and is not meant to be a substitute for professional, technical or legal advice in any manner.

Web: www.krayman.com/jp/

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:4,973, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,048,603

Previous(down)/ Next(up)
Economic Times of India 20200811 7月、食料品価格上昇、インドの小売…
MINT 20200728 自動車メーカーは、人手不足を埋めるため、半熟練労働者も雇用 新入社員には…