日印ビジネス洞察 38

日印ビジネス洞察 38

日本・インド関連ニュース一覧:日印ビジネス洞察 2020年6月 第38号

Japan Bulletin Volume 38:Japan – India Business Insight June 2020

Contents

インド日本の関係と取引

India Japan Relationship and Deals

政府は、外国人特定カテゴリーに対するビザ制限を緩和

Government relaxes visa restrictions for select categories of foreigners

政府は、インドに来る必要のある特定のカテゴリーの外国人のビザ・旅行制限を緩和する、と発表。内務省は声明の中で、非定期の商用・チャーター便でビジネス・ビザ(スポーツ用 B-3 ビザ以外)を利用して訪印するビジネスマンを含む、と述べました。Covid-19 の大流行を受け 3 月 25 日から封鎖が始まって以来、(通常の)国際便はインドでは運行を停止しています。

The Government announced that it was relaxing visa and travel restrictions for certain categories of foreign nationals who need to come to India. They include businessmen coming to India on a Business visa (other
than on B-3 visa for sports) in non-scheduled commercial/chartered flights, the Ministry of Home Affairs said in a statement. International flights have remained suspended in India since the lockdown began on March 25 in the wake of the Covid-19 pandemic.

研究所(ラボラトリー)や工場を含む、インドの医療セクター施設での技術作業に携わる外国人医療従事者、健康関連研究者、エンジニア、技術者もこの入国認可リストに含まれます。「承認・登録された医療施設、登録された製薬会社、又は、インドの正式認可を受けた大学からの招聘状が必要であり(入国)対象となる」と内務省は声明で述べました。

Foreign healthcare professionals, health researchers, engineers and technicians for technical work at Indian health sector facilities, including laboratories and factories are also included in the list. “This is subject
to a letter of invitation from a recognized and registered healthcare facility, registered pharmaceutical company or accredited University in India,” the Ministry of Home Affairs said in its statement.

在インド外国事業体のためインドに旅行する外国エンジニアリング、経営、設計、又は、その他の専門家の為のビザ規定も緩和されています。これには、すべての製造部門、設計部門、ソフトウェア部門、IT 部門、及び、金融セクター企業(銀行、及び、ノンバンク金融セクター企業)も含まれます。登録されたインドの事業体(ビジネスエン・エンティティ)の招待により、外国の技術専門家や外国の機械設備設置、修理、メンテナンスの為に出張するエンジニアも、今回緩和されたビザ基準の対象となります。機器設置、保証期間内、又は、販売後のサービス、又は、商用条件に従った修理も含まれ得ます。

Visa rules have also been relaxed for foreign engineering, managerial, design or other specialists travelling to India on behalf of foreign business entities located in India. This includes all manufacturing units, design units, software and IT units as well as financial sector companies (banking and non-banking financial sector firms). Foreign Technical specialists and engineers travelling for installation, repair and maintenance of
foreign-origin machinery and equipment facilities in India, on the invitation of a registered Indian business entity will also be eligible for the relaxed visa norms. These could be for equipment installation, or is under
warranty, or for after sales servicing or repair on commercial terms.

発表された声明によると、上記カテゴリーの外国人は、該当する場合、海外のインドの大使館・領事館・拠点から、新たなビジネスビザ、又は、雇用ビザを取得する必要があります。海外のインド大使館・領事館・拠点によって既に、発行された有効な通時複数エントリー・ビジネスビザ(スポーツ用 B-3 ビザを除く)を所持している外国人は、関係する大使館・領事館・拠点からビジネス・ビザを再認証する必要があります。その様な外国人は、以前に取得した電子ビザは有効ではなく、インドに入国する事は許可されません。

The above categories of foreign nationals would have to obtain a fresh Business visa or Employment visa, as applicable, from the Indian Missions/ Posts abroad, the statement said. Foreign nationals holding a valid long term multiple entry Business visa [other than B-3 visa for sports] issued by the Indian Missions/Posts abroad would have to get the Business visa re-validated from the Indian Mission/Post concerned. Such foreign nationals would not be permitted to travel to India on the strength of any electronic visa obtained earlier.

三井住友銀行、インドで雇用・営業拡大

Sumitomo Mitsui bank to hire, expand operations in India

日本で 2 番目に大きな銀行である三井住友フィナンシャル・グループは、コロナウイルス惨禍、利益見通しが曇っているにも関わらず、人員を増やし、買収機会を増す事により、海外への事業拡大を続ける計画です。銀行幹部に寄れば、同グループは、今後 3 年間で 500 名のスタッフを海外で増員する一方、国内の人員を 6,500 人削減を目指しているとの事。先進市場でブティック型の合併顧問会社を買収・購入する機会を探しています。

Sumitomo Mitsui Financial Group Inc. plans to persist with its overseas expansion by boosting headcount and seeking acquisitions even as the coronavirus clouds the profit outlook for Japan’s second-largest bank.
The lender aims to add 500 staff overseas over the next three years, while reducing domestic headcount by 6,500 during the same period, a senior bank official said. It’s looking for opportunities to buy boutique mergers advisory firms in developed markets.

Covid-19 が世界経済に打撃を与え、不良債権に拘わるコストが高まっているいるにも拘わらず、最高経営責任者太田純氏は、日本国外での(ビジネス)成長機会を捉える意欲を示しています。それは、苦戦している企業にサービスを提供す国内市しながら後退している世界中の他の金融機関とは対照的です。

Chief Executive Officer Jun Ohta has signaled a willingness to seize growth opportunities outside of Japan even as Covid-19 hammers the global economy and causes bad-loan costs to rise. That’s in contrast with some lenders elsewhere in the world that are retreating to their home markets to serve struggling companies.

海外展開は、発表された中期計画の一部です。アジアで職員を増やし、インドを含む諸国で事業を拡大する計画であると、関係者は述べました。その他、米国とヨーロッパでのコンプライアンスとリスク管理要員も増やします。同氏はまた、ロンドンとニューヨークにトレーダーを追加する事も検討していると語りました。同行によると、同行のロンドンとニューヨークでの営業、及び、トレーディング事業は依然として小規模であり、金利に関する業務や、その他の分野のスタッフを増やす必要がある、と言う事です。

The overseas expansion is part of a midterm plan announced. Much of the staff increase will be in Asia, where it plans to expand business in countries including India, the official said. Other additions will be in
compliance and risk management in the US and Europe. It’s also seeking to add traders in London and New York, the person said. The bank’s sales and trading business in London and New York remain small
and it needs to increase staff in rates and other areas, the official said.

三井住友フィナンシャル・グループは、米国の地方銀行の買収に関心を持っていますが、当局の規制のハードルが高く、買収取引を完了する為の業務への大型投資が必要なため、近い将来に買収が行われる可能性は低い、と言う事です。

Sumitomo Mitsui is interested in buying a US regional bank, although an acquisition is unlikely to happen in the near future because of regulatory hurdles and the need for a large war chest to complete the deal, the official said.

日本企業は、インドから製薬業、医療機器産業への投資要請を受けています

Japanese Companies invited to invest in Indian Pharma, Medical Devices Industry

医療機器と API(医薬品原薬)セクター:課題と新興(企業創設)機会」と題する、ウェビナーが、COVID-19 後のインドと日本のビジネスと貿易のコラボレーションを考えるため、開催されました。このウェビナーは、インド大使館がインド化学薬品・肥料省製薬局と共同で主催したものです。

A webinar on ‘Medical Devices and API sector: Challenges & Emerging Opportunities’ was held for business and trade collaboration between India and Japan in the post-COVID-19 scenario. The webinar was
organized by the Embassy of India, Tokyo in partnership with the Department of Pharmaceuticals, Ministry of Chemicals and Fertilizers, Govt. of India.

在日インド大使サンジャイ・クマール・ヴェルマ氏は、現在進行中の COVID-19 危機の状況下で、インドと日本が関係を更に強化する絶好の機会であるとの考えを参加者と共有しました。医薬品関連省庁幹部 PD Vaghela 博士は、インドの製薬・医療機器業界セクター別の見解と、投資機会について発表をしました。彼は、又、インドの貿易とビジネスを促進するために、インド政府が行っている様々なイニシアチブを発表しました。製薬部門共同責任者 Navdeep Rinwa 氏は、原薬や医療機器の製造を促進するための同省の計画について説明をしました。生産に関連するインセンティブ・スキームと薬剤原料(バルクドラッグ)、医療機器パーク(工業団地)促進を説明、参加者にスキームのメリットを利用するように促しました。

Mr. Sanjay Kumar Verma, Ambassador of India to Japan shared his valuable thoughts on the golden opportunity for India and Japan to further boost their relationship in the context of the ongoing COVID-19 crisis. Dr. P.D. Vaghela, Secretary, Pharmaceuticals presented the sectorial view and the investment opportunities in the pharmaceutical and medical device industry in India. He also presented various initiatives taken by the Government of India to promote trade and business in the country. Mr. Navdeep Rinwa, Joint Secretary, Pharmaceuticals explained the Department’s schemes to promote manufacturing of bulk drugs and medical devices viz. Production Linked Incentive schemes and Promotion of Bulk Drug/Medical Devices Parks and requested the delegates to avail benefits of the schemes.

製薬業者協会と医療機器協会は、製薬、及び、医療機器セクターへの COVID-19 後の課題とビジネス・チャンス、グローバル・サプライ・チェーンへの影響について検討、両国間の協力がサプライ・チェーンの安定化に貢献することを示唆しました。特に API と医療機器の。日本貿易振興機構(JETRO)チェンナイ代表も、API(医薬品原薬)セクターと医療機器業界が抱える課題と、新たなビジネス・チャンスに関する見識を共有しました。

Pharmaceutical Traders Association and Japan Federation of Medical Devices Associations deliberated on the Post COVID-19 challenges & opportunities for Pharmaceutical & Medical Device sectors and its impact
on the global supply chain and suggested that cooperation between the two countries can contribute to stabilizing the supply-chain of especially APIs and Medical Devices. The representative of Japan External Trade Organisation (JETRO) Chennai also shared insights on challenges and emerging opportunities in the API sector and Medical Devices.

在東京インド大使館のモナ・KC・カンダール経済・商業担当責任者は、インド経済の回復力と強靭さについて言及。インドが COVID-19 危機に対処し、投資を改善する為、インド政府が発表した刺激策と改革パッケージについて詳しく述べました。インド経済、海外直接投資家(FDI)エコシステム、特に、日本
に対するインド投資円滑化策の利点について言及しました。

Ms. Mona K C Khandhar, Minister (Economic & Commerce), Tokyo mentioned about the resilience and strength of the Indian economy and detailed on the stimulus & reform packages announced by the Government of India to address the COVID-19 crisis and to improve the investment environment. The advantages of the Indian economy, FDI ecosystem & Japan-specific facilitation were also mentioned.

Nipro India Corp、及び、Eisai Pharmaceuticals India Pvt Ltd 代表は、「Make in India」プログラムに関する詳細なプレゼンテーションを行い、その経験を共有。主要なインドの製薬、及び、医療機器協会の代表が、インドの製薬、及び、医療機器業界の将来成長機会の可能性について発表しました。

Representatives of Japanese subsidiaries Nipro India Corp and Eisai Pharmaceuticals India Pvt. Ltd. shared a detailed presentation and their experience about ‘Make in India’ program.Representatives of major Indian Pharmaceutical and Medical Device Associations presented the future growth opportunities and way forward for Pharmaceutical and Medical Device industry in India.

グジャラート州、テランガーナ州、ヒマーチャル・プラデーシュ州、ゴア州の州政府代表は、インセンティブと税制上の優遇措置、ビジネス・イニシアチブの行い易さ、土地利用可能性、インフラ設備、規制枠組みなど、招待された日本人に対し、それぞれの州での投資機会提供内容詳細を発表しました。

Representatives of State Governments of Gujarat, Telangana, Himachal Pradesh and Goa offered finer details of the investment opportunities in their respective States including a package for incentives and tax benefits, ease of doing business initiatives, land availability, infrastructural facilities, regulatory framework and invited Japanese companies for investing in their respective States.

Andhra Pradesh MedTech Zone(アーンドラ・プラデーシュ医療テック・ゾーン)、Wockhardt 社、Sun Pharma 社、Panacea Biotech 社などは、多数の日本企業代表者と、政府間(G2B)、及び、企業間(B2B)ネットワーキングの一環としてウェビナーに参加しました。

Representatives of Andhra Pradesh MedTech Zone, Wockhardt, Sun Pharma, Panacea Biotech and other large numbers of Japanese companies also participated in the webinar as part of Government to Business (G2B) and Business to Business (B2B) networking.

資金調達難の中、インド企業で日本の銀行の貸出に傾斜

India firms are leaning more on Japan banks amid funding freeze

資金調達が危機的状況にある中、インドのトップ企業は、日本の金融機関から資金調達をしています。ムケシュ・アンバニ氏率いるのリライアンス・インダストリーズ・リミテッドからタタ・キャピタル・ファイナンシャル・サービス・リミテッドに至る迄、インド最大級の企業は今年、円建てローンを過去最大の 1,810 億円(17 億ドル)調達し、ドル市場からの資金調達危機を乗り越え様としています。

In these times of crisis, India’s top companies are leaning on Japanese lenders for funding. From Mukesh Ambani’s Reliance Industries Ltd. to Tata Capital Financial Services Ltd., the nation’s biggest firms have raised a record ¥181 billion ($1.7 billion) from yen-denominated loans this year, helping them to tide over a crunch in the dollar market.

日本銀行の資金放出の高まりにより、利回りの基準となる日本のソブリン債利回りは、ゼロを下回り、邦銀はより高利回りの資産(運用先)を求めています。コロナウイルス蔓延下、経済を疲弊しており、インド最大級の企業は比較的低い金利での円建て資金調達に頼り始めています。インド企業に取って、リファイナンスのため海外ローン調達は重要です。インド企業の今年のオフショア債券発行額は、これ迄にない金額で、合計で約 310 億ドルに昇ります。

With benchmark sovereign yields in Japan falling back below zero on increased encouragement from the central bank, the country’s banks are hungry for higher-yielding assets. India’s biggest companies are turning to them for relatively cheap money as the coronavirus pandemic bother the economy. Access to overseas loans for refinancing is critical for Indian firms, whose offshore debt bill for this year comes to an unprecedented total of about $31 billion.

今年の世界的な金融市場混乱の中で、ドル資金調達はより高価になりました。円の調達価格の序章はゆっくりであり、円建て資金調達の魅力が高まっています。2018 年以降、ドル・ローンの平均マージン込みの調達コストは、円ローンのマージン込みコスト・マージンを上回っています。

Dollar funding has become more costly this year amid disturbance in global financial markets. The price of raising yen has risen more slowly, boosting the appeal of fundraising in the currency. Average margins on
dollar loans exceed those on yen loans by the most since 2018.

日本の先導的指標となる 10 年物国債利回りは、先月、再びゼロを下回り、中央銀行がコロナウイルスの蔓延中の経済を支えるため、ソブリン債(日本国債)の購入に制限を課さないと発表した後、利回りは更に低下しました。利回りは 3 月に 0.08%になりました。

Japan’s bellwether 10-year government bond yield dropped below zero again last month and went lower after central bank said it will put no limit on buying sovereign notes to support the economy during the coronavirus pandemic. The yield had risen to 0.08% in March, the highest in more than a year.

インドの蜂蜜は日本、、オーストラリアからの新しいバイヤーを魅了

Indian honey attracts new buyers from Japan, South Korea and Australia

業界幹部によれば、日本、韓国、オーストラリアのバイヤーは、今迄、中国から輸入していた蜂蜜を求め、インドに注目していると言う事。「ポジション・ヘッジしたい多くの世界的な蜂蜜バイヤー達は、今、大量のボトル入り蜂蜜を調達しており、中国の代替市場としてインド市場を開拓しています。業界に取って良い機会です。」とニューデリーに拠点を置く Apis India の CEO、パンカジ・ミシュラ氏は述べました。

Buyers from Japan, South Korea and Australia are turning to India for honey, which they imported from China, industry executives said. “A number of global buyers who want to hedge their positions are now looking at India as an alternate market to China to source honey in bulk and bottled form. It’s a good opportunity for us,” said Pankaj Mishra, CEO of New Delhi-based Apis India.


輸出業者に取って、(ドルに対して)弱いルピーは、インド蜂蜜の価格ををより魅力的にする、と言う事。インドは蜂蜜生産の 60%を米国、カナダ、アフリカ、西アジアに輸出。「中国と比較して価格競争力が増すと、米国からの蜂蜜の受注が増加する可能性があります。インドの蜂蜜の品質は中国よりも優れていますが、中国産蜂蜜の価格は非常に低くなっていました。ルピー安でインドの輸出力は、優位になります」とは、チャンディガー・モハリ地区を拠点とする Ess Pee Quality Products の MD であるSurinder Pal Singh 氏は語りました。

Exporters said the weaker rupee was also making Indian honey more attractive. India exports 60% of its production to the US, Canada, Africa and West Asia. “Honey orders may also increase from the US, as our prices become competitive compared to China. Indian honey quality is superior to China, but their prices are very low. Now with the rupee depreciation, we will get an edge,” said Surinder Pal Singh, MD of Mohalibased Ess Pee Quality Products.

輸出業者は、特別な農村ビジネス振興策である Vishesh Krishi Gram Udyog Yojna(VKGUY)制度の下、 FOB 価格の 5%相当額の税控除券(credit scrips)を請求出来る優遇措置を得ています。Kejriwal Bee Care India 社 CEO の Amit Dhanuka 氏は、輸出業者が損失の一部を補填出来る様、現在のスキームを直接現金送金によるインセンティブに変更する事を可能にする様、インド商品輸出スキーム(MEIS)に基づき 10%のリベートを検討する事を政府に提案しました。、及び、加工食品製品輸出開発局(APEDA)によれば、インドからの蜂蜜輸出は、2018-19 年度は前年比 19%増の 61,333.88 トンで、ルピー換算で 7.3216 億ルピーとの事です。

Exporters said that they were getting incentives under the Vishesh Krishi Gram Udyog Yojna (VKGUY) to claim duty credit scrips equivalent at 5% of free-on-board (FOB) value of exports. We have proposed to the government to consider 10% rebate under the Merchandise Exports from India Scheme (MEIS) to enable exporters to cover a part of their losses and changing the current scheme into a direct cash incentive to make things easier, Amit Dhanuka, CEO of Kejriwal Bee Care India, said. Honey exports from India grew 19% year-on-year in 2018-19 to 61,333.88 tonnes, valued at Rs. 732.16 crore, according to Agriculture and Processed Food Products Export Development Authority (APEDA).

インド、日本は COVID-19 後も共同戦線を張る

India, Japan for joint post-COVID-19 operations

インドと日本は、他の諸国と協力して、日印の特別な戦略的、及び、グローバル・パートナーシップを基盤とし、COVID-19 後の対策に関連する課題に対処する事に合意。これは、Rajnath Singh 国防相と日本のカウンターパートである河野太郎防衛大臣との電話会談で合意。

India and Japan agreed to work together with other countries to deal with post COVID-19 related challenges with the India-Japan special strategic and global partnership as the basis. This was agreed during a telephonic conversation between Defence Minister Rajnath Singh and his Japanese counterpart Taro Kono.

シン氏は、COVID-19 に対する国際的な取り組みへのインドの貢献について、河野太郎防衛大臣に伝え、パンデミックに対する世界的な戦いで相互協力出来る分野についての議論をした」と防衛省は声明を出しました。両大臣は、又、COVID-19 パンデミックに対するそれぞれの責任ある対応についても話し合い
ました。

“Mr. Singh informed Mr. Kono Taro on India’s contribution to international efforts against COVID-19 and discussed areas of mutual cooperation in the global fight against the pandemic,” the Defence Ministry said in a statement. The two ministers also had discussions on their respective responses to the COVID-19 pandemic.

両大臣は、又、インド・日本の特別戦略的、及び、グローバル・パートナーシップの枠組みの下での二国間安全保障協力のイニシアチブを前進させる事への履行責任意思を伝え合いました。

Both ministers also conveyed their commitment to take forward the initiatives of bilateral security cooperation under the framework of the India – Japan Special Strategic and Global Partnership.

日本経済

Japan’s Economy

コロナウイルスの緊急事態が解除され、日本は「新しい正常」に慣れる事態に直面

Japanese face ‘new normal’ after coronavirus emergency lifted

日本では緊急事態が終わった翌日、東京の住民達は、コロナウイルスと共存する「新しい常識」に慣れるために、安心と恐怖が混じった気持ちで、外出しました。

A day after Japan ended its state of emergency, Tokyo residents took to the streets with a mixture of relief and fear as they prepared for a “new normal” of living with the coronavirus.

安倍晋三首相は、首都と残りの 4 つの都道府県の非常事態を解除し、総感染数を約 16,600 件と、比較的低く抑える事に成功と勝利宣言をしました。

Prime Minister Shinzo Abe lifted the state of emergency in the capital and four remaining prefectures claiming victory for managing to keep total infections relatively low, at about 16,600 cases.

他の国の厳格な封鎖とは異なり、日本は企業閉鎖を強制せず、緊急事態が解除される前でさえ、いくつかのビジネスは再開をしていした。 それでも、封鎖以後 7 週間後の正式な封鎖終了を行い、多くの人々は、社会的距離を守り、マスクを着用しながら、仕事に戻ったり、外出したりしました。

Unlike strict lockdowns in other countries, Japan did not force businesses to close and some had reopened even before the emergency was lifted. Still, its official end after some seven weeks saw many people returning to work or heading out, while observing social-distancing and wearing masks.

古木直人(仮名)さん(45)は、朝の通勤はいつもより混雑しており、少し当惑したと語たりました。「私には、まだ少し心配があります。流行の第 2 波があるかも知れないので、まだ警戒をする必要があります」と語りました。 多くの子供達は、不規則登校で、予防措置施行下、来週から学校に戻る予定です。

Naoto Furuki, 45, said his morning commute had been more crowded than usual, which was slightly unsettling. “I’m still a bit worried. There may be a second wave of the epidemic so we still need to be on alert,” he said. Many children are set to go back to school next week under precautionary measures such as staggered classes.

小池百合子東京都知事は慢心する事に警告を発し、ワクチンや治療法が開発される迄、誰もが在宅勤務と不規則通勤と言う新しい「新常識」に慣れる必要がある、と語りました。

Tokyo Governor Yuriko Koike has warned against complacency and said everyone had to get used to a “new normal” of teleworking and staggered commutes until a vaccine or treatment is developed.

多くの企業が在宅勤務を許可する一方、私鉄小田急電鉄は、利用状況データを公開し、乗客が混雑を回避出来る様にするとしています。

Many companies said they would let staff keep working from home, while railway operator Odakyu Electric Railway said it would release usage data to help passengers avoid crowded trains.

エレクトロニクス大手のソニーは、6 月には最大 30%の従業員をオフィスに戻すとし、日立製作所は、業務の半分を自宅で行う事を目指していると発表しました。

Electronics giant Sony Corp said it would only let up to 30% of its workforce back to the office in June, while Hitachi Ltd said it would aim for half of its work to be done at home.

パンデミック影響下での景気後退局面下、日本の輸出も輸入も減少

Recession-hit Japan’s exports, imports fall due to pandemic

不況下の日本の輸出は、4 月に 22%近く急落。これは、コロナウイルス・パンデミックが世界的な需要を押し下げたためで、10 年来最悪の落ち込みです。財務省は、又、輸入は 7%減少したと述べました。輸出に依存する日本経済を維持する必要性と COVID-19 の健康リスク回避を両立させる為に奮闘している状況下、輸出の減少は 2008 年の金融危機以来最悪の状態です。

Recession-hit Japan’s exports plunged nearly 22% in April, the country’s worst drop in more than a decade as the coronavirus pandemic slammed global demand. The Finance Ministry also said that imports fell 7%. The drop in exports is the worst since the 2008 financial crisis, as export-dependent Japan struggles to juggle the health risks of COVID-19 with the need to keep the economy going.

4 月の輸出は 5.2 兆円(480 億米ドル)で、2019 年同月の 6.7 兆円から減少。輸入は、6.6 兆円から 6.1兆円(570 億米ドル)に減少。米国、インド、オーストラリア、南米、ロシア、イラン、イタリアへの輸出が最も大きく減少。ウィスル感染急激拡大がが始まった中国への輸出も減少。セクター別には、輸出は、車両、機械、化学薬品、繊維の分野で減少しました。

For April, exports totaled 5.2 trillion yen (USD 48 billion), down from nearly 6.7 trillion yen the same month in 2019. Imports dropped to 6.1 trillion yen (USD 57 billion) from 6.6 trillion yen. Exports fell most
dramatically to the US, India, Australia, South America, Russia, Iran and Italy. Exports also declined to China, where the outbreak began. By sector, exports were lower in vehicles, machinery, chemicals and textiles.

輸入は、鉄鋼製品、魚・穀物などの食品、及び、コンピュータ部品部門で減少。
Imports edged down in iron and steel products, food such as fish and cereal, and computer parts.

日本では、昨年第 1 四半期から第 3 四半期にかけて景気の下落が始まり、現在は更に不況状態にあります。コロナ・パンデミックの経済的苦痛が拡大している状況を考えると、アナリストらは最悪期は更に先かも知れないと見ています。

Japan is in a technical recession after a decline that began in the last quarter of last year deepened in the January-March quarter. Analysts say worse may be ahead, given the economic pain of the pandemic may
be extending.

観光・旅行は減少しています。レストランは閉鎖されているか、持ち帰りのみを行っており、営業を続けているレストランの顧客は少なくなっています。最近の中・米間の貿易紛争も日本にダメージを与えています。

Tourism and travel had decreased. Restaurants are closed or resorting to take outs, and those that stay open are seeing fewer customers. The recent trade conflict between China and the US also hurt Japan.

調査によれば、東京での在宅勤務形態の利用は、ここ 2 か月間で 24%から 63%に急増しました

Use of telecommuting in Tokyo surged from 24% to 63% in two months, survey says

首都圏での、在宅勤務採用企業の比率は、東京都の調査によれば、コロナウイルス蔓延に伴い、3月の24%から、4 月は 63%に急増。コロナウイルス蔓延に対応し、遠隔地でのリモートワーキング・システムを導入する企業が増加。東京都は中小企業に対し、補助金を出す事でこの流れを後押ししています。

The ratio of telecommuting companies in the capital surged to 63% in April from 24% in March as the coronavirus spread, a survey by the Tokyo Metropolitan Government shows. An increasing number of companies are introducing remote-working systems in response to the coronavirus. The metropolitan government is encouraging the trend by providing subsidies to small firms.

調査は、任意に選ばれた 30 人以上の従業員を抱える企業を対象としており、約 400 人から回答を得ました。調査によれば、大企業の在宅勤務採用企業比率は 3 月の 45%から 4 月は 80%に増加。中堅企業の比率は 25%から 71%に上昇、中小企業の比率は 19%から 54%に上昇。一方、4 月の在宅勤務者の比率は(全雇用者数比で)平均で 50%近く迄上昇しました。

The survey covered randomly selected companies with at least 30 employees and received replies from about 400. The ratio of large teleworking companies grew to 80% in April from 45% in March, according to the survey. The ratio of midsize companies rose to 71% from 25%, while the ratio of small firms rose to 54% from 19%. The ratio of telecommuting employees meanwhile grew to nearly 50% on average in April.

産業別には、遠隔地勤務採用比率は、情報通信、金融、サービス部門の企業の 76%、建設、製造、小売部門の企業中 55%が採用。東京都は当初、2021 年夏に迄延期されたオリンピックとパラリンピック時の交通渋滞を緩和する取り組みの一環として、在宅勤務を推進していました。コロナウイルスの流行が、3月にパンデミックになった時点で、都は、ウイルス蔓延抑制のための在宅勤務を採用するのに必要な機器を企業が購入するのを支援するため、最大で 250 万円を提供する補助金プログラムを作成しました。

By industry, the remote work method had been adopted by 76% of companies in the information telecommunication, financial and services sectors and 55% of those in the construction, manufacturing and retail sectors. The metropolitan government was initially promoting teleworking as part of efforts to ease traffic congestion during the Olympics and Paralympics, which have been postponed to summer 2021. When the coronavirus outbreak became a pandemic in March, City Hall created a subsidy program to provide up to ¥2.5 million to help businesses buy the equipment needed to adopt telecommuting to curb the spread of the virus.

在宅勤務が、新しい働き方や感染症対策として定着する事を期待している」と都労働産業局の関係者は語りました。

“We hope that teleworking will take root as a new work style and a countermeasure against infectious diseases,” an official in the metro government’s Industrial and Labor Affairs Bureau said.

ウイルス被害を受けた経済状況下で、日本の大手企業が新卒者の採用に慎重になっています

Virus-hit economy has Japan’s big firms cautious about hiring new graduates

大企業は、2021 事業年度の新卒者採用に慎重。コロナウイルスの世界的流行に対する影響が依然として強い為です。

Large companies are cautious about hiring new graduates in the 2021 business year because the full impact of the coronavirus pandemic on the global economy remains unclear.

共同通信社の採用に関する調査によると、トヨタ自動車やソニーを含む 111 社の内、29 社(26%)は、2021 年 4 月からの新卒採用を削減させる見込みで、昨年の 16%より増加。採用を増やす計画は 10 社、詰まり 9 %、前回の調査時の 21%から減少。約 36%は新卒者の雇用方針に変更は無いと述べ、25%は未定
であると述べました。

According to the Kyodo News survey of 111 companies, including Toyota Motor Corp. and Sony Corp., 29 firms, or 26%, said they are expected to cut back on hiring fresh graduates starting from April 2021, up from 16% in last year’s hiring survey. Only 10 firms, or 9%, said they are planning to increase hiring, down from 21% in the previous survey. About 36% said there will be no change in their employment policy for new
graduates and 25% said they are undecided.

採用を減らす計画のある業界は、材料、及び、電子機器メーカー、運送会社、小売業者です。これらの企業と採用計画未決定企業は、ウイルスの収益への影響が不確定であり、パンデミックが経済にどの様に影響するかを確認する為には、更に時間が必要であると述べました。

Among sectors with plans to reduce hiring are materials and electronics makers, transport companies and retailers. Those companies as well as those that are undecided said the impact on earnings from the virus is uncertain and they need more time to see how the pandemic will affect the economy.

近年急速な高齢化社会が進み、労働力が不足、卒業生に取っては就職状況は良好でした。しかし、4 月上旬から 5 月上旬にかけて行われたこの調査では、(存続)可能性の低い企業部門は閉鎖を迫られ、中央政府や地方公共団体からは家に留まる様求められている事を考慮に入れると、雇用市場は悪化する可能性があります。

For graduating students, job conditions have been favorable in recent years because of a labor shortage caused by the nation’s rapidly graying society. But the survey, conducted from early April to early May,
indicates the job market could take a turn for the worse, given that nonessential businesses were pressured to close and people were asked to stay home by the central and prefectural governments.

三井住友銀行(SMBC)日興証券によれば、東京証券取引所市場第一部に上場している企業の 3 月末迄の四半期の純利益は 66.8%減少しました。

The combined net profit of companies listed on the first section of the Tokyo Stock Exchange sank 66.8% on year in the quarter ended in March, according to Sumitomo Mitsui Banking Corporation (SMBC) Nikko
Securities Inc.

又、調査によれば、企業の 83%が求職者にオンライン面接を行う計画を立てている事が判りました。肺炎の原因となるウイルスの蔓延を食い止めるため、国・市町村の在宅滞在要望がまだ有効であるためです。多くの企業は、パンデミックが治まった後でも、遠隔地の学生の負担を軽減するため、オンライン面接を継続する意向を示しており、79%が在宅勤務を導入、又は拡大したいと述べています。

The survey also found 83% plan to interview job seekers online because some stay-at-home requests are still in effect to stem the spread of the pneumonia-causing virus. Many companies said they are willing to
continue online interviews even after the pandemic subsides as they can reduce the burden on students in remote locations, and 79% said they had introduced or expanded telecommuting.

日本は COVID-19 を検出する即効性のある抗原キット開発を必要としています

Japan gives nod to rapid antigen kit to detect COVID-19

日本政府は、通常の検査よりも早く結果が出る COVID-19 を診断出、即時性の高い抗原検査を承認した、と公式な広報担当者は語りました。

The Japanese government has given the green light to a rapid antigen test to diagnose COVID-19 that delivers results faster than others, an official spokesperson said.

鼻咽頭サンプルを採取するテスト・キットは、最も一般的に使用される PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)とは異なり、診断を受けるための検査室を必要とせず、結果は 30 分未満で入手出来ます。

The test kit, which takes a nasopharyngeal sample, does not need a laboratory to obtain the diagnosis, unlike the most commonly used method, PCR (polymerase chain reaction), and the result can be available
in less than half an hour.

この大量使用試験キットの承認は、菅義偉官房長官により確認され、厚生省は関連ガイドラインを採用。菅氏によるれば、この新しい方法を使用して陰性と判定された人は、より正確さを確認する為、再度PCR 検査を受ける事になるが、陽性と判定された人は感染している事は間違いないとされます。迅速抗原検査キットは、保健所で使用可能、SARS-COV-2 に既に感染している人の付近いた人にも使用出来ます。

Approval of this mass-use test kit was confirmed by Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga and the Ministry of Health adopted the relevant guidelines. Suga said that those who test negative using this new method will again undergo the PCR test for confirmation since it is more accurate, but those testing positive are certain to have been infected. The rapid antigen test kit can be used in a health centers and also by people in proximity to those who have already been infected with SARS-COV-2.

キット製造元である富士レビオ株式会社は、週あたり約 20 万個の供給を約しており、必要に応じて生産拡大をするとの事です。厚生省当局は、この迅速検査キットは、国民健康保険の対象となると述べています。小池百合子都知事は、この承認により、都内の保健所で 6 月から毎月約 3,000 件の検査が出来る様になると語りました。

The kit’s manufacturer, Fujirebio, has committed to supplying about 200,000 units per week, and could expand production if necessary. Japanese authorities have said that this rapid test kit will be covered under
the national health insurance. Tokyo Governor Yuriko Koike said that as a result of this approval, they will be able to conduct around 3,000 tests a month from June at health centers in the capital.

4 月 7 日以降の緊急事態は、5 月 31 日迄続く予定です。緊急事態は、当初、首都圏と他の 6 つの県に適用され、影響を及ぼしていましたが、その後、全国規模に拡大。コロナウイルス症例は 9,000 件を超えました(ニュース発表時点)。これに対応する措置の一環として、日本政府は、数十か国からの市民や外国人の到着を入国禁止とし、絶対に必要な場合に限り、日本人の旅行を制限しています。

Since April 7, the country has been under a state of health emergency, which is scheduled to continue until May 31. The state of emergency initially affected the Tokyo metropolitan area and six other prefectures
although it was subsequently extended throughout the country, when the number of coronavirus cases surpassed 9,000. As part of these measures, the Japanese government maintains the entry ban which prohibits the arrival of citizens and foreigners from dozens of countries and is asking Japanese citizens to travel to those places only if absolutely necessary.

日立は人工呼吸器の生産増強支援

Hitachi to support ventilator production boost

情報筋によれば、日立製作所は、医療機器メーカーが人工呼吸器生産を増やし、コロナウイルスの世界的流行に対処する為、世界中のサプライ・チェーンを通じて電子部品調達支援をしています。

Hitachi Ltd. will help medical equipment makers boost ventilator production to address the coronavirus pandemic by procuring electronic parts for them through its worldwide supply chains, according to sources.

政府は、自動車メーカー、電子機器メーカー、 及び、通常は医療製品を製造していない他の企業に、医療機器生産を増やすように要請しています。

The government is asking automakers, electronics makers and other companies that usually don’t manufacture medical goods to help increase the production of medical equipment.

人工呼吸器製造をしている殆どの日本のメーカーは、中小企業です。大量の部品を遅滞なく製造するためには、物流など大手企業の支援が必要です。

Most Japanese companies making ventilators are small or medium in size. Support from major businesses in logistics and other fields is necessary if larger amounts of components are going to be manufactured without delay.

日立は、提供出来る支援詳細について、国内の人工呼吸器メーカーと協議。て他の会社では、ソニーは、東京に拠点を置く医療機器会社であるアコマは医療機器に支援提案を行っています。7 月に量産を開始し、9 月までに 500 台の人工呼吸器を生産する予定です。

Hitachi is in talks with domestic ventilator makers over details about the support it can give. Among other firms, Sony Corp. has been pitching in to help Acoma Medical Industry Co., a Tokyo-based medical equipment firm. Mass production will start in July with a target of 500 ventilators to be produced by September.

インド・ニュース

India Economy

インドの倉庫・物流部門は 2021 年に 35%成長

Warehousing & logistics sector to grow at 35% in 2021

倉庫・物流業界の資産レベルは、コロナウイルスの危機から、最も早く回復する可能性があると或る報告書は述べています。国内需要の予想される増加と、グローバル企業がインドに製造をシフトさせ、サプライチェーンのリスクを軽減する可能性を理由として挙げています。この Welspun One Logistics Parks(WOLP)作成の報告書では、倉庫・物流業界は、以前の業界需要成長予測である 25%に対してして、2021 年には 35%成長すると予測しています。

The warehousing and logistics asset class could be among the fastest to recover from the coronavirus crisis, a report says, citing an expected increase in domestic demand and possibility of global firms shifting manufacturing to India to de-risk supply chains as reasons. The Welspun One Logistics Parks (WOLP) report estimates that the warehousing and logistics industry will grow at 35% in 2021 compared with the earlier industry demand forecast of 25%.

「e コマース・プレーヤーによる小売りからオンラインへの、より大きな在庫レベル管理への移行は、倉庫需要を更に加速させます。結果として生じるインパクトとして、都市内のロジスティクスとコールド・チェーン施設の需要増が感じられます」とは、Welspun One Logistics Park (WOLP)社のマネジング・
ダイレクターAnshul Singhal 氏の述べる所であり、国内事業を拡張するため、資本金を増やす考えであるとの事です。

“The transition of retail to online and larger inventory levels by ecommerce players will speed up the warehousing demand further. The resulting impact will be felt substantially in demand for inner-city logistics
and cold chain facilities,” Welspun One Logistics Park (WOLP) managing director Anshul Singhal said, adding that the firm is in talks to raise capital to expand its business across the country.

「倉庫、及び、ロジスティック・スペースへの投資に利用出来る現金が相当必要です。CapitaLand とFirstspace Realty の合弁会社である Ascendas Firstspace の CEO、Aloke Bhuniya 氏は、次の様に述べています。

“There is significant amount of cash available to be invested in the warehousing and logistic space. The focus will be on long-term strategy, but in the short term, funds will be cautious to put in money,” said Aloke
Bhuniya, CEO of Ascendas Firstspace, a joint venture between CapitaLand and Firstspace Realty.

レポートによると、他の不動産業界とは異なり、倉庫部門は、物品サービス税(GST)、インフラストラクチャ・ステータス、100%外国直接投資(FDI)承認などの政策主導施策により、需要の増加を拡大・活用出来る様に十分に準備出来ており機会は成熟しています。

According to the report, unlike other real estate asset classes, the warehousing sector is fully prepared and mature to be able to scale and take advantage of the increase in demand due policy initiatives like GST,
infrastructure status and 100% FDI approvals.

インドは、世界最大級の 20 兆ルピーの Covid 救援パッケージを用意

India’s Rs. 20 lakh crore Covid relief package one among the largest in the world

モディ首相が発表した 20 兆ルピーの刺激策パッケージは、これまでに発表されたロックダウンの影響を受けた経済を救うための対策が含まれており、中小企業の税制優遇措置と国内製造業のインセンティブに焦点が当てられています。統合パッケージ規模は、インドの GDP の約 10%に達し、米国の GDP の 13%、日本の 21%を超える規模であり、発表された金融パッケージ内容は、世界で最も大規模な物の一つとなります。

The mega Rs. 20 lakh crore stimulus package announced by PM Modi includes previously announced measures to save the lockdown-battered economy, and focuses on tax breaks for small businesses as well as incentives for domestic manufacturing. The combined package works out to roughly 10% of the GDP, making it among the most substantial in the world after the financial packages announced by the United States, which is 13% of its GDP, and by Japan, which is over 21% of its GDP.

20 兆ルピーのパッケージには、3 月に発表された 1.7 兆ルピーの貧困層への無料の食用穀物供給・貧しい女性や高齢者への現金給付が含まれます。更に、中央銀行であるインド準備銀行(RBI)は利下げを行いました。3 月の刺激策は GDP の 0.8%に相当しましたが、RBI の金利、及び、流動性供給の後押しの手段で、刺激策総額は GDP の 3.2%(約 6.5 兆ルピー)に達しました。「(今回の)特別な経済刺激パッケージは、インドを自立させるために発表された」とナレンドラ・モディ首相は、COVID-19 パンデミックに関する、国民への 3 番目の演説で述べました。 「このパッケージは、COVID 危機の際の政府による以前の発表、及び、RBI が下した決定と合わせて、20 兆ルピーの効果に相当し、インドの GDP のほぼ 10%に相当します。

The Rs. 20 lakh crore package includes Rs. 1.7 lakh crore package of free food grains to poor and cash to poor women and elderly, announced in March, as well as the Reserve Bank’s liquidity measures and interest rate cuts. While the March stimulus was 0.8% of GDP, RBI’s cut in interest rates and liquidity boosting measures totaled to 3.2% of the GDP (about Rs. 6.5 lakh crore). “A special economic package is being announced to make India self-reliant,” PM Narendra Modi said in his third address to the nation over COVID-19 pandemic. “This package, taken together with earlier announcements by the government during COVID crisis and decisions taken by RBI, is to the tune of Rs. 20 lakh crore, which is equivalent to almost 10% of India’s GDP.”

3 月 25 日から政府が Covid-19 の拡大をチェックするため、21 日間の全国的封鎖を開始した後、国の殆どの経済活動は停滞しました。その後、封鎖は 5 月 17 日迄 2 回延長され、又、経済活動の再開を可能にする為の緩和策が行われました。救済パッケージは土地、労働力、流動性、法律に焦点を当てるとされました。それは、家内工業、零細中小企業(MSME)、、中産階級、及び、産業界を含む様々なセクションに対応しています。追加として、12 兆ルピーが経済組織に注ぎ込まれます。

Most economic activity in the country had come to a standstill after the government imposed a 21-day nationwide lockdown beginning March 25 to check the spread of Covid-19. The lockdown has since been extended twice through May 17, with some relaxations to allow the resumption of economic activity. The package, he said, will focus on land, labour, liquidity and laws. It will cater to various sections, including cottage industry, MSMEs, labourers, middle class, and industries. It would seem that an additional Rs. 12 lakh crore will be pumped into the economy.

救済パッケージには、零細中小企業への税額控除、国内製造促進投資誘致を促すインセンティブが含まれます。土地利用への手続き簡便化、労働改革も行い、中国を離れ様とする企業に取って魅力的なパッケージの一部となる可能性があります。このパッケージは、政府が 40 年間で初めての経済収縮に向かっている世界第 5 位のインド経済を再点検する試みと見なされています。推定によれば、ロックダウンにより、122 百万 4 月に失業し、消費者の需要が大きく蒸発したと見られます。

The package includes tax relief for small, micro and medium enterprises and incentives to boost domestic manufacturing as well as attracting investments. Easy access to land as well as labour reforms may also
form part of the package to lure companies leaving China. The package is seen as a government attempt to check the world’s fifth-largest economy hurtling towards its first full-year contraction in four decades. According to estimates, lockdown may have led to 12.2 crore people losing jobs in April and consumer demand evaporating.

彼は、自立したインドは経済は重要な柱の上に立脚すると述べ、段階的な変化ではなく、飛躍的な変化を齎すとしています。それは、インドのアイデンティティになるべきインフラストラクチャ、テクノロジー主導のシステム、活気のある人口構成、そして、需要です。

He said that a self-reliant India will stand on five pillars viz economy, which bring in quantum jump and not incremental change; infrastructure, which should become the identity of India; technology-driven system; vibrant demography; and demand.

1.70 万兆ルピーの貧困救済策(PMGKP)一部として、政府は貧しい人々への無料の小麦・米、穀物、並びに、6 月迄の 3 か月間に渡り女性と貧しい高齢者、農民への現金給付を発表しまし当初政府データによると、3,480 億ルピーが、デジタル決済インフラストラクチャを使用し約 3.9 億人に支払われました。

As part of the Rs. 1.70 lakh crores Pradhan Mantri Garib Kalyan Package (PMGKP), the government announced free wheat or rice plus pulses to poor as well as a cash payment to women and poor senior citizens and farmers over a period of three months till June. According to the latest government data, Rs.34,800 crore financial assistance using digital payment infrastructure were provided to about 39 crore beneficiaries.

新開発銀行(NDB: New Development Bank)は、Covid-19 と戦うインドに 10 億ドルの融資提供

New Development Bank provides $1 billion loan to India to fight Covid-19

上海に本拠を置く新開発銀行(NDB)は、BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)諸国によって 2014 年に設立され、ベテランのインド人銀行家 KV Kamath 氏が率いる。BRICS 諸国の新開発銀行は、Covid-19 の蔓延を抑制し、コロナウイルス・パンデミックによって引き起こされる人的、社会的、経済的損失を減ずるために、インドに 10 億ドルの緊急援助融資を全面的に実行しました。

The Shanghai-based New Development Bank (NDB) was established by the BRICS (Brazil, Russia, India, China, and South Africa) countries in 2014 and is headed by veteran Indian banker K V Kamath. The New Development Bank of the BRICS countries has fully disbursed $1-billion emergency assistance loan to India to help it contain the spread of Covid-19 and reduce human, social, and economic losses caused by the coronavirus pandemic.

この銀行の目的は、BRICS 諸国、及び、その他の新興経済国と開発途上国のインフラストラクチャ、持続可能な開発プロジェクトのためリソースを動員し、世界的な成長と発展の為、多国間、及び、地域金融機関の既存の取り組みを補完する事です。

The purpose of the bank is to mobilise resources for infrastructure and sustainable development projects in BRICS countries and other emerging economies and developing nations, complementing the existing efforts of multilateral and regional financial institutions for global growth and development.

インドへの「緊急援助プログラム・ローン」は、4 月 30 日に新開発銀行の理事会により承認され、インド政府が Covid-19 の拡散を封じ込め、人為的、社会的、経済的損失を減らすことを支援することを使用目的としています。

The ‘Emergency Assistance Program Loan’ to India was approved by the New Development Bank Board of Directors on April 30, and it is aimed at supporting the Indian government to contain the spread of Covid19 and reduce human, social and economic losses caused by the coronavirus outbreak.

NDB は、災害時に加盟国を支援することに全力で取り組んでいます。同銀行の副社長兼最高執行責任者である Xian Zhu 氏は、インドへの融資は、Covid-19 との戦いに対する緊急の要求に迅速に対応して承認されたと語った。

“The NDB is fully committed to supporting its member countries in the time of calamity. The loan to India was approved in quick response to the urgent request for fighting Covid-19,” Xian Zhu, vice-president and
chief operations officer of the bank said.

インドの GDP 成長率は、会計年度 2020-21 で 1.2%に低下し、米国、英国、日本よりも上の数字です。と国連レポートは述べています

India’s GDP growth rate dips to 1.2% For Financial Year 2020-21, still better than US, UK or Japan: United Nation Report


国連(UN)は今年度のインドの経済成長予測を 1.2%に引き下げました。これは依然として主要経済国の中で 2 番目に高い成長率であり、中国に続きます。世界経済状況・展望(WESP;World Economic Situation and Prospects)によれば、次期インド会計年度のGDP成長予測は、5.5%となりました。

The United Nation (UN) slashed India’s economic growth projection for the current fiscal year to 1.2%, which would still be the 2nd-highest growth rate among major economies, trailing only China. The mid-year World Economic Situation and Prospects (WESP) update expects India’s rate of gross domestic growth to increase to 5.5 % in the next fiscal year.

更新された情報によれば、Covid-19 による世界の成長率は今年 3.2%に減少すると予測されており、先進国はその影響を受け経済成長が 5%低下すると予測されています。今年のインドの 1.2%の見積もりは、国連経済社会局が行った 1 月の 6.6%から大幅に下がりました。Covid-19 の影響によるものです。中国は今年 1.7%成長し、来年には 7.6%に上昇すると予想されています。

The growth rate for the world ruin by Covid-19 is projected to shrink by 3.2%this year, with the developed countries bearing the impact with their economic growth dropping by 5%, according to the update. The 1.2% estimate for India for the current year is a drastic Covid-19-fuelled cut from the 6.6% made in January made by the UN Department of Economic and Social Affairs. China is expected to grow by 1.7% this year and increase its rate to 7.6% next year.

WESP(World Economic Situation and Prospects)の更新により、昨年のインドの成長率は、1 月に推定された 5.7%から 4.1%に低下しました。

The WESP update reduced India’s growth rate for the last fiscal year to 4.1% from the 5.7% estimated in January.

国連は、南アジアの経済全体が今年度中に 0.6%減少すると予測しています。国連の最新情報は、「Covid-19 のパンデミックにより、世界経済は今後 2 年間で 8.5 兆ドル近くの生産を失うと予想され、過去 4 年間のほぼすべての利益がなくなる」と述べました。

The UN expects South Asia’s economies overall to shrink by 0.6% during the current year. The UN update said, “The global economy is expected to lose nearly $8.5 trillion in output over the next 2 years due to the
Covid-19 pandemic, wiping out nearly all gains of the previous 4 years.”

Maruti Suzuki India がロックダウンの最中に、グルグラム(グルガオン)工場操業再開

Maruti Suzuki India resumes operations at Gurugram plant amid lockdown

国内最大の自動車メーカーであるマルチ・スズキ・インディア・リミテッドは、5 月 18 日にグルグラム工場での生産を再開すると発表。5 月 12 日には、マネサール工場での生産を再開しています。この動きは、グリーン・ゾーンとオレンジ・ゾーンとして特定された地域のロックダウン措置を緩和し、経済活動の段階的再開を許可すると言う政府の決定に従ったものです。

Maruti Suzuki India Ltd, the country’s largest vehicle maker, said it will resume manufacturing at its Gurugram plant on 18 May. It had restarted production operations at the Manesar plant on 12 May. The move follows the Union government’s decision to allow gradual resumption of economic activity by relaxing lockdown measures in certain pockets identified as green and orange zones.

3 月 25 日の covid-19 パンデミックの蔓延を封じ込めるためロックダウンが実施された後、自動車メーカー(マルチ・スズキ)は工場を閉鎖。その間、Maruti はサプライヤーと協力して、製造が再開した際に従うべき標準操作手順(SOP)を作成していました。

Carmakers had to close their factories once the lockdown was put in place to contain the spread of the covid-19 pandemic on 25 March. Maruti has in the meantime been working with its suppliers to create standard operating procedures (SOPs) to be followed once manufacturing resumes.

マルチ・スズキは、2020 年 5 月 18 日からグルガオン工場で車両の生産を再開する事をお知らせします。全ての活動は、政府の規制とガイドラインに従って厳格に実施され、最高の安全基準を遵守します 」同社は説明しました。

“You are kindly informed that Maruti Suzuki will restart production of vehicles at its Gurgaon plant from 18 May 2020. All activity will be carried out strictly in accordance with the government regulations and guidelines and observing the company’s own concern for the highest standards of safety,” the company said.

ニューデリーを拠点とする自動車メーカー(マルチ・スズキ)は、工場、ショールーム、及び、認可されたサービス・センターのスタッフ向けに特定の作業標準書 SOP を導入し、顧客との接触なしに、スムーズな運用再開とサービスの提供を確実に行いいます、と発表されました。

The New Delhi-based vehicle manufacturer has also put in place specific SOPs for its staff in factories, showrooms, and authorized service centres to ensure smooth resumption of operations and delivery of service without any physical contact with customers.

ニュース・ソース

Source: JICA, IBG News, Japan Times, Economic Times, The Hindu, Hindustan Times, Live Mint, National Herald, Business Standard, The Tribune, India.com

KrayMan Consultants LLP社につきまして

弊社は会計及び助言サービスを行う会社であり、財務財務確認、税及び税関連規則、会社秘書役、企業ファイナンス、法令遵守、外部委託、ヴァーチャルな最高財務責任者、人事サービスを専門業務として実行致しております。

弊社は、以下の団体のメンバーとなっております。

  • インド日本商工会(JCCII) –400 社以上の日系の会社が加盟しており、日本企業の活動支援をしております。
  • プライム・アドバイザリー・ネットワーク(PAN)、英国が拠点の会計士及び法律家の団体であり、60カ国以上が参加しております。
  • クロスボーダー・アソシエイツ(CBA)、ドイツが拠点のM&A活動に特化した団体であり、95カ国以上が参加しております。

弊社は会計士、会社秘書役、経営学修士、弁護士、管理系会計専門職などの専門家集団であり、お客様が満足感をお持ち戴ける専門的で品質の高いサービスを時間厳守でご提供致します。

KrayMan Consultants LLP

KrayMan is an Accounting & Advisory Firm specializing in Assurance, Tax & Regulatory, Corporate Secretarial, Corporate Finance, Compliance & Outsourcing, Virtual CFO and Human Resources services

We are members of following associations:

  • Japan Chamber of Commerce and Industry in India (JCCII) – an organization of more than 400 Japanese companies working towards the welfare of Japanese companies in India
  • Prime Advisory Network (PAN), United Kingdom – a network of Accountants and Lawyers with presence in more than 60 countries
  • Cross Border Associates (CBA), Germany – specializing in mergers & acquisitions activities having presence in more than 95 countries

We have a team of dedicated professionals including (CAs, CS, MBAs, Lawyers and CMAs) who are truly committed in providing timely, professional and quality services to our Clients by going that extra mile.

弊社の日本ビジネス

日本のインド投資は弊社の重要業務分野です。弊社は、インドにある日系企業への助言や法令遵守の関する問題を一か所で解決します。弊社は若く、ダイナミックで成長を続けている組織であり、日本のお客様と密接な経験を積み上げております。弊社は、日本の企業がインドで事業を行うために必要な経験に基づく質の高い専門的な助言を出来るチームを持っています。製造業、商社、サービス業など様々な職種の日本企業を支援しております。弊社の使命は、お客様に高品質のサービスを提供する事です。

Japan Business at KrayMan

The Japan-India investment entry is a key focus area for us. We are a one shop – stop solution for the advisory and compliance needs of Japanese companies in India. We are a young, dynamic and a growing organization with relevant experience of working with Japanese Clients. We have a team of experienced and qualified professionals advising Japanese Clients on doing business in India. We are largely assisting Japanese companies in India across sectors like manufacturing, trading & services. Our focus is to deliver High Quality Client Service.

Disclaimer

The information and opinions contained in this document have been compiled or arrived at from published sources believed to be reliable, but no representation or warranty is made to their accuracy, completeness
or correctness. The information is only for general guidance and is not meant to be a substitute for professional, technical or legal advice in any manner.

Web: www.krayman.com/jp/

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:4,323, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 1,160,941

Previous(down)/ Next(up)
Zee Business 20200705 大多数の企業は、2020年第4四半期に、5%の収益減の報…
日印ビジネス洞察:バックナンバー(個別ページは38号~)