2020年8月ショート・コメント

2020年8月ショート・コメント

インド

インドは、国境を接する近隣諸国からのインドへの直接投資について、かなり警戒的になっています。

投資の最終受益国が、どこであるのか、の判断は、単に表面的な直接株主比率の問題だけではなく、背後関係にメスを入れる必要があると言う、姿勢だと思います。

しかしまた、逆に言えば、積極的に資本投入を受けたい国もある、と言う事だとも解釈出来る、と思います。

ニュース

二大乗用車メーカーは、今年11月の宗教的祭事期に、販売台数が伸びる事を期待しています。

現状、部品調達困難や、中国からの部品サプライ状況悪化、熟練労働者不足などの困難はあっても、生産台数増に勤めています。

11月の祭事期以降、生産台数を増加させるか否か、については、コロナウィルス蔓延状況の予想が難しく、まだ、明確な数値は出ていません。

Financial Express 20200731

シタラマン蔵相は、銀行は緊急信用枠制度がある中で、零細中小企業への融資を拒否出来ない、もし、その様なケースが報告された場合、何らかの処置を行う、と警告

零細中小企業への信用供与:ニルマラ・シタラマン蔵相は、銀行は緊急信用枠制度がある中、零細中小企業への貸出・保証など信用供与業務を拒否出来ない、と述べ、銀行が、企業への信用供与を拒否した場合、その事実は大臣に報告され、大臣はそれを調査をする、と付け加えました。インド商工会議所連合会(FICCI)の全国執行委員会で、大臣は更に、現状に対処するために発表された全ての措置は、業界関係者・専門家との間で徹底的な協議が行われた結果だ、と述べました。シタラマン蔵相は、焦点は経済の再興であり、財務省は積極的に中央銀行と連携している、と述べました。

コロナウイルス蔓延により深刻な打撃を受けたホスピタリティ産業の直面する問題点に対処するため、蔵相は、政府がモラトリアム延長、又は、リストラに関する同産業の状況を完全に把握しており、中央銀行(RBI)と連携を取っていると述べました。インフラ面では、蔵相は開発関係の金融機関で作業中と強調、施策は、今後、明らかになる、と見られます。

国際貿易が世界的なロックダウン、その他の制限により逆風に晒されている中、蔵相は、インドが市場関係を結んでいる国々と、相互取決めをする必要がある、と述べました。蔵相は、相互主義が、インドの貿易交渉において非常に重要である、と付け加えました。

一方、シタラマン蔵相は、既に内閣により売却が承認されている約23社の公営企業(PSU)の株式売却を進める取組を行っていると述べていました。蔵相は又、中小企業や非銀行金融会社(ノンバンクファイナンス、NBFC)の経営者と間もなく面談を行い、企業に適用されている信用供与を更に伸ばして適用をするかどうか見直すとの事。自立するインド(アトマ・ニルバール・バラット)の為の任務を奨励し、民間企業の為に全てのセクターを支援を開放する政府の施策意思を強調、蔵相は、どれを戦略的分野であるとするか、最終的な決定は間もなく決まると述べてました。

https://www.financialexpress.com/industry/sme/msme-fin-fm-sitharaman-says-banks-cant-refuse-loans-to-msmes-under-emergency-credit-facility-warns-action-if-reported/2041032/

蔵相としては、産業再生のため、零細中小企業が活動を盛返すための資金が企業に必要であり、市中銀行が積極的に融資する様、強く要請をしています。一方、中央銀行は、インフレ管理も行わなければならず、両者ともに、どこまで、財政赤字を許容するのか、見通しを決めなくてはならない、と思われます。

ニュース

今週、4日から6日の間、中央銀行は政策決定会合を開きます。

民間銀行が企業融資を増やす事に消極的である一方、中央銀行は、民間銀行による企業融資増を期待している様であり、政策金利の一部を引き下げる、と言う見方と、エコノミストの中には、金利下げ効果に、懐疑的な見方もある様です。

コロナ禍、非常事態とは言え、民間銀行は、不良債権管理に懸念を抱いており、政府の救済措置であるモラトリアム延長にも疑問を呈する向きがある様です。

政府に取っても、財政赤字が増える事に対する状況観察と、今後の、中長期的措置を考慮する必要がある、と思われます。

ニュース

現状、モンスーン降雨量若干不足気味、来週以降の雨に期待。

農村部の消費活動は、秋の収穫期に大きく影響。

期近なインフレ率管理政策は、政府・中央銀行による、政策金利決定に影響を与え、インドの中長期的経済発展見直しの重要なファクターとなると思われます。

近々、中央銀行では、政策金利決定会合が開かれる予定であり、コロナ禍の厳しい産業回復状況の中で、政府の財政赤字に対する見直しが、行われるのか、否か、気になる所です。

税、及び、税務関連諸規則に関する更新事項

COVID-19と戦うための措置 Measures to combat COVID-19

  • 首相は、コロナウイルスに対するワクチン接種の計画と準備を見直し、この全国的な取り組みの基礎を形成する4つの指針となる原則を採用
    Prime Minister (PM) reviews planning & preparation for vaccination against Covid, enlists 4 guiding principles that will form the foundation of this national effort
  • 内務省(MHA)はロックダウン解除策「Unlock 2」ガイドラインを発行
    Ministry of Home Affairs (MHA) issues guidelines for ‘Unlock 2’
  • 2020年11月末迄、国家食料安全保障福祉制度を延長
    Extension of national food security welfare scheme till end of November 2020
  • 国立植物研究所(NBRI)は、コロナウイルス・テスト用の高度ウイルス研究室を設立
    National Botanical Research Institute (NBRI) establishes advanced virology lab for Covid testing
  • 民間開業医/医師がコロナウイルス・テストの処方/助言を行う事を許可
    Private Practitioners / Doctors allowed to prescribe / advise Covid test
  • 2000万以上の捕集効率95%以上(N95)のマスクと1000万以上の個人用保護具(PPE)を中央政府から国家に無料で配布
    More than 2 Crore N95 Masks & more than 1 Crore Personal Protective Equipment (PPEs) distributed free of cost by Central Government to States
  • パンデミック終息のためのワクチンの世界的開発競争状態の中でも、インド国産ワクチンを開発する事
    Indigenous Indian Covid vaccines in the global race to end the pandemic
  • Rashtriya Chemicals and Fertilizers Limited(RCF)社の新製品:ハンド・クレンジング・イソプロピル・アルコール(IPA)ベースのジェル
    Rashtriya Chemicals and Fertilizers Limited (RCF) comes out with a new product: Hand Cleansing Iso Propyl Alcohol (IPA) based Gel
  • インド国鉄は、ハンズフリー設備、銅でコーティングされた手すり、ラッチ(掛け金・閂)、プラズマ空気浄化、及び、二酸化チタン・コーティングで設計された車体など、より安全な旅を保証するコロナ後用車輛を作成
    Indian Railway creates Post-Covid Coaches to ensure safer journey, designed with hands-free amenities, copper-coated handrails, latches, plasma air purification & titanium di-oxide coating
  • 科学技術省(DST)は手荷物スキャン後菌除去を行う紫外線(UV)システムを開発
    Department of Science and Technology (DST) develops Ultra Violet (UV) System for baggage Scan Disinfection
  • 科学産業研究評議会(CSIR)は、職場向けのコロナウイルス保護システム(COPS)を発表Council of Scientific and Industrial Research (CSIR) unveils the Covid Protection System (COPS) for Workplace
  • 物品・サービス税 (’GST’)Goods & Services Tax (‘GST’)
    2020年6月のGST徴収額は 9,091.7億ルピー(2019年6月の徴収額の91%に相当)
    GST revenue collection for June 2020, Rs. 90,917 crore (equivalent to 91% of collection for June 2019)
  • 中央間接税当局(CBIC)は、税の払戻請求期間を更に延長
    Central Board of Indirect Taxes & Customs (CBIC) further extends time limit for issue of order of refund
  • CBICは、コンプライアンスの期限を2020年8月31日迄更に延長
    CBIC further extends due date for compliances till 31st August 2020
  • CBICは、遅延手数料の条件付き免除を2020年2月から7月迄延長
    CBIC provides conditional waiver of late fees for the period February to July 2020
  • CBICは、中央物品税(CGST)ルール第8回修正通知を発行予定
    CBIC issues notification to make 8th amendment to CGST Rules
  • CBICは、2019-2020年度の書式GSTR-4(コンポジション・ディーラー)の提出期限を2020年8月31日迄、更に延長
    CBIC further extends due date for filing of Form GSTR-4 (Composition Dealer) for FY 2019-2020 till 31st August 2020
    直接税 Direct Tax
  • 中央直接税委員会(CBDT)は、1961年の所得税法s 56(2)(x)、及び、50CAを使用した乱用防止規定免除対象者クラスを通知送達
    Central Board of Direct Taxes (CBDT) notifies classes of persons for exemption from anti-abuse provisions u/s 56(2)(x) & 50CA of the Income-tax Act, 1961
  • 未精査規定で期限を超えた143(1)の請求の返金を伴う返品処理
    Processing of returns with refund claims u/s 143(1) beyond the prescribed time limit in non-scrutiny cases
  • ITR- Vフォームが提出されていないため、保留中の評価年度(AYs)2015-16〜2019-20の所得税申告(ITR)の検証のため、一時的な緩和措置
    One-time relaxation for verification of income tax returns (ITR) for the Assessment Years (AYs) 2015-16 to 2019-20 which are pending due to non-filing of ITR- V form
  • 新書式26ASは納税者が面談なしで申告をする手段です。‘Part E’は、金融取引明細書(SFT)を通じて収集された情報を反映するため、金融に関する法律Finance Act (FA) 2020へ新しく導入されました。
    New Form 26AS is the faceless hand-holding of taxpayers: newly introduced ‘Part E’ to reflect information collected through Statement of Financial Transactions (SFTs)
  • CBDTは、2020年財務法(FA)2020改正前に、194N条(現金支払いに関するTDS)の但し書きの条項(v)に基づいて発行された通知に関する説明を提供
    CBDT provides clarification relating to notifications issued under clause (v) of proviso to section 194N (TDS on cash payments) prior to amendment by Finance Act (FA) 2020
  • CBDTは規制機関と署名、より良い情報交換を実現するための覚書(MoU)を締結
    Memorandum of Understanding (MoUs) signed by CBDT with regulatory bodies for better exchange of information
  • CBDTは、Financial Act法2020によって導入された修正と一致するよう、特定の源泉徴収(TDS / TCS)ルールを修正
    CBDT amends certain TDS / TCS rules to match amendments introduced by FA, 2020
  • CBDTは、国民年金制度Tier II-税節約制度を中央政府職員のため2020 u / s 80Cで通知
    CBDT notifies National Pension Scheme Tier II- Tax Saver Scheme, 2020 u/s 80C for Central Government employees
  • CBDTは、2018〜19年度ITRの提出期限を2020年9月30日まで更に延長します。
    CBDT further extends due date for filing of ITR for FY 2018-19 till 30th September 2020
    国際税務 International Tax
  • CBDTは、安全策としての、セーフ・ハーバー・ルールに基づく特定の条件下での免除対象として、カテゴリーIの海外ポートフォリオ投資家が設定した登録済み投資ファンドに通知送達
    CBDT notifies registered Investment Funds set up by Category-I foreign portfolio investors, as eligible for exemption from certain conditions under Safe Harbour Rules
  • ソブリン・ウェルス・ファンド(政府系投資ファンド)への通知10/23(23FE)(インドの特定のインフラ事業への投資から生じる所得の免罪
    Notification of Sovereign Wealth Fund u/s 10(23FE) (exemption of income arising from investment in specified infrastructure business in India)
    会社法 Company Law
  • 企業の社会的責任(CSR)活動の範囲は、中央武装警察隊(CAPF)、中央準軍事部隊(CPMF)の退役軍人とその扶養家族のためにとられた措置を含める様に拡大
    Scope of Corporate Social Responsibility (CSR) activities for companies expanded to include measures taken for benefit of Central Armed Police Forces (CAPF), Central Para Military Forces (CPMF) veterans and their dependents
  • MCAポータル使用の場合、e-Form PAS-6(非上場株式公開企業の株式資本監査レポートの一致確認)の展開
    Deployment of e-Form PAS-6 (Reconciliation of Share Capital Audit Report for unlisted public companies) on MCA Portal
  • 政府系企業急速鎖の際の補償債要件
    Requirement of Indemnity Bond in case of fast track closure of Government companies
  • 2018-19年度書式NFRA-2の、国の財務報告局(NFRA)への提出期限を延長
    Extension of due date for filing Form NFRA-2 with National Financial Reporting Authority (NFRA) for FY 2018-19
  • 2015年の会社(インドの会計基準)規則改正
    Amendment in Companies (Indian Accounting Standards) Rules, 2015

インド連邦準備銀行(中央銀行) Reserve Bank of India (‘RBI’)

  • 2019〜20年度の2020年8月14日迄の外国負債、及び、資産の年次報告(FLA)の提出期限を延長
    Extension of due date for filing Annual Return on Foreign Liabilities and Assets (FLA) for the FY 2019-20 till 14th August 2020
  • 非銀行金融会社(NBFC)による監査済み決算最終決定タイムラインの延長
    Extension of timeline for finalization of audited accounts by Non-Banking Financial Companies (NBFCs)

インド証券取引委員会(”SEBI”) Securities Exchange Board of India (‘SEBI’)

  • 非転換社債(NCD)/非転換償還優先株発行者である上場会社への緩和措置
    Relaxation for listed companies being issuers of Non-Convertible Debentures (NCDs) / Non-Convertible Redeemable Preference Shares (NCRPS) / Commercial Papers (CPs)
  • 預託証券参加者(DP)、及び、登録当局による規制要件の遵守に関する期限を2020年9月30日迄延長
    Extension of time limit till 30th September 2020 for compliance with regulatory requirements by Depository Participants (DPs) and Registrar to an Issue (RTAs)

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:277, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 2,827,531

Previous(down)/ Next(up)
日印ビジネス洞察 2020年7月 第39号