ヒュンダイ(現代)乗用車輸出再開か

ヒュンダイ(現代)乗用車輸出再開か

Economic Times of India 20200520

現代自動車は、まもなく乗用車輸出再開か?

現代自動車は、インドからの乗用車輸出台数はインド国内の自動車メーカーとしては、第一位であり、コロナ感染が広まる前に立てた計画では、2020年度輸出目標台数は、20万台。

同社はここ数日間に、中東向けに7,500台を輸出すると、船舶会社に問い合わせた模様。

同社は、ロックダウン条件緩和後、5月6日に工場を開き、8日には再生産を開始した、との事。

「生産は二交代制。現在、働き手の数は7,500名。生産は好調で、7,500台を海外へ向けて送るため、船会社に問い合わせた」とは、同社B C Datta副社長の弁。出荷予定車は、SUVs Creta、Venue、及び、コンパクト・カーのi20、Grand i10。

「タミルナドゥ州でロックダウン開始時に帰郷した働き手を再度確保する為、政府の特別許可を得、バスを運行した。また、販売店の人員も取り戻した。現在は、三交代制勤務の政府認可待ちだ」と同社のGanesh Mani生産部門ダイレクターは述べました。

「再生産当初、一日当たり生産台数は500台、その後、数日をかけ、生産台数を伸ばして来た。国内の購入需要の再生を望んでいる」との言。

同社は、製造目標に向けて生産・販売の再スケジュール化に努力している、との事です。

https://auto.economictimes.indiatimes.com/news/passenger-vehicle/cars/hyundai-to-start-export-of-cars-soon/75838102

政府の許可を得、バスを運行し、帰郷した生産・販売の人員を再確保、再生産を開始、スピード感のある再継続化プランに取組んだのであろうと思われます。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:304, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,889

Previous(down)/ Next(up)
2020年5月のインドのニュースです。
国内外の投資家は神経質に市場を眺めていた様です。