月曜日、ムンバイ証券市場Sensex株式指数は下落

月曜日、ムンバイ証券市場Sensex株式指数は下落

News 18, 20200504

月曜日、ムンバイ証券市場Sensex株式指数は下落。

ムンバイ証券市場のSensex株式指数は、米中間の緊張が高まる中、世界的な株売りの雰囲気となり、2,000ポイント以上の下落。

月曜日、取引開始当初は不安定な値動きの商いが続き、最終的には、株式市場株価指数Sensexは、2,002ポイント(5.94%)と大幅に下げました。インド国立証券取引所(NSE)でも同様な動きであり、566.40ポイント(5.74%)の下げ。

Sensex株の中では、ICICI Bankが10%以上の下げ、次いで、Bajaj Finance、HDFC、IndusInd Bank、Axis Bank、そして、 Marutiが下げました。

石油からテレコムまで扱う大手総合企業Reliance Industries社の株価は2%下げ、これは、前四半期税引き後利益が、大きく落ち込んだためです。1-3月期の利益の落込みは654.6憶ルピー(37%減)であり、過去3年内で最大の落込みです。

一方、世界的規模の米系テクノロジー投資会社Silver Lakeは、コンピューター関連の上場企業でリライアンス・グループのJio Platforms社へ565.575憶ルピーを投資、 Platforms株式の1.15%を取得に合意との事。

ムンバイ証券市場インデックス内では、Bharti Airtel社とSun Pharma社の株価が上昇。

パンデミック最中で、米中貿易戦争は、新たな火種になりそうです。

香港市場、ソウル市場も急落、欧州市場も損失を蒙っています。

IHS Markit India社による購買担当者指数も、3月の51.8から4月は27.4と、データ収集開始時の15年前から現在の間で、最悪の動向となっています。アナリスト達に依れば、国内景気も、企業収益も、予想以上に悪くなっている、と言う事です。

金曜日には、インド国ロックダウンは、17日迄延長が明らかになりました。

保健省の発表に依れば、感染者数は42,533、死亡者数は、1,373。世界の感染者数は、350万人、死者数は247,000。

国債市場での次月渡し分原油先物価格は下がり、バレル当たり、25.66ドル。

https://www.msn.com/en-in/money/markets/sensex-crashes-over-2000-points-as-global-selloff-intensifies-amid-rising-us-china-tensions/ar-BB13ziSy?ocid=spartandhp

インド国内での、電力使用量が大幅に落ち込み、又、電力代金徴収額も大幅減収のため、電力供給危機も噂されており、電力会社に対する、政府からの支援が必要な段階となっている模様です。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:344, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,881

Previous(down)/ Next(up)
混乱解決は、政治家の技量と思いますが、政治家が対立しているのが、現状だと思います。
36種類以上の健康・衛生関連製品を市場投入し、収益を上げた模様です。