GSTに対する全面的減免要求

GSTに対する全面的減免要求

Economic Times of India 20200427

コロナ禍惨状からの立ち上がりのため、政府は、被害の大きい産業セクターへの物品サービス(GST) 徴税支払い延期や、不動産業界に対しては、徴税減免について検討中の模様。

場合によっては、インボイスを使った徴税方法ではなく、現金で税金を支払う方法も考えている様です。徴税方法に関する決め事は、定期的に開催されているGST委員会で決められる事になります。

政府は、その他の法律上定まっている手数料を免除する事も検討中の模様。

GSTに対する全面的減免要求がある中、徴税を全面的に延期する方が効果がある、と言う考えもある、と言う事の様です。一部の業界のみを減免税すると、商業上の信用網が棄損する恐れがあり、問題が更に複雑化する、との見方がある様です。

インボイス発行時に納税するのではなく、商品が売れ現金が入った後に、納税者が税金を納める現金取得時納税方法も検討中であり、この場合、納税者は税金額先払い分を自己負担しなくてすみ、事業としての運転資金も確保出来る事となります。

その他の役所筋情報によれば、GSTの減免、一時停止、支払い方法変更などの措置は、厳しい現今下の経済危機を乗り越えるために、考えられているものでる、と述べている模様です。

或る税の専門家によれば、ビジネス上、流動性確保が最優先課題である、との見方です。

産業業種間に矛盾や、歪が起きない幅広いGST減免が必要であると思われ、また、ビジネスが動き始めた際、ビジネス参加者が事業継続をするために、一時的な資金ショートに陥らない仕組みが望まれる、と思います。

https://auto.economictimes.indiatimes.com/news/policy/govt-mulls-gst-relief-package-to-soothe-covid-pain/75398025

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:225, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,060

Previous(down)/ Next(up)
36種類以上の健康・衛生関連製品を市場投入し、収益を上げた模様です。
社会的距離を保ちながらであれば、建設工事を再開する事は出来る、と述べました。