消費者向け日用品、健康・衛生分野で新商品導入

消費者向け日用品、健康・衛生分野で新商品導入

Economic Times of India 20200427

消費者向け日用品、健康・衛生分野で新商品導入、各社とも手洗い消毒液、表面クリーナー、感染防止スプレー、免疫促進製品を導入しました。

Covid-19蔓延懸念のため、 ITC,、Dabur、 Marico、Godrejを含む消費者向け商品を製造する大企業は、36種類以上の健康・衛生関連製品を市場投入し、収益を上げた模様です。

手洗い消毒液が大幅に市場に供給されたほかに、フロアー表面洗浄剤、感染防止スプレーなど新しいカテゴリーの商品群が消費者に購入されています。

「感染拡大が続く中、免疫力を引上げたり、衛生的な環境を維持のための商品が成長しています。必要性拡大のため、まだ、需要においつかず、十分に市場に行き渡っていない製品供給に力を入れている」とDabur India社のCEOであるMohit Malhotra氏は述べました。同社は、多方面に使用可能な免疫力を高めるジュース、消毒剤を市場に導入・販売をしています。

Nielsen社調査によれば、手洗い製品は、過去3カ月(1-2月)に比して、3月には60%増、フロアー・クリーナーは、過去の伸び率の2倍の24%増、手洗い消毒剤は、340%増。

現代でも食されるインド古代からアユルベーダ医学の処方による食品Chyawanprashの売上は、12月-3月期の売上に対して、2%から81%増、蜂蜜ブレンド・パッケージは10%増で35%、ターメリックは7%増で38%増との事。

ITC社のパーソナル・ケア製品業務幹部Sameer Satpathy氏は、「需要は予想外に大きく、健康・衛生分野の商品供給は時間との戦いだ」との事。

Marico社のCEO、Saugata Gupta氏は、「食品類よりも、今後は、消費者は健康・衛生で免疫力を高める商品を買うと思う」との意見。

Reckitt Benckiser社、Hindustan Unilever社は、既にこの分野で、Dettol、 Lifebuoyなどのブランド名で知られており、目下、競争状態になっています。

「感染防止商品の必要性は伸びており、開発競争中である」とProtektブランドを使用するGodrej Consumer Products Limited社のグローバル・ヘッドのAnirban Banerjee氏は述べました。

小売店側からは、パンデミック終了後も売れる商品を作るには、相当な投資をしなければならない、長い歴史のあるブランドは、顧客の信頼を獲得しており、新規参入は容易ではない、と言う意見をMetro Cash & Carry India社マネジング・ダイレクターのArvind Mediratta氏は述べています。同社は、ここ数週間、感染防止商品やフロアー・クリーナーの売上増を経験中です。

衛生関連商品は、廉価であるよりも、ブランドに基ずく顧客の信頼と、品質が重要、と言う事になるか、ただし、この価格帯に手の届く消費層の場合の話の様に思われます。

https://economictimes.indiatimes.com/industry/cons-products/fmcg/fmcg-companies-step-up-new-product-launches-in-health-and-hygiene-space/articleshow/75409908.cms

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:228, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,055

Previous(down)/ Next(up)
パンデミック最中で、米中貿易戦争は、新たな火種になりそうです。
徴税を全面的に延期する方が効果がある、と言う考えもある、と言う事の様です。