不良資産としての分類を一旦停止

不良資産としての分類を一旦停止

News 18 20200417

90日間の返済猶予期間中、支払いの滞った債権を不良化したとは見なさない、とインド中央銀行(RBI)のShaktikanta Das総裁は述べました。

17日(金)、RBIは、31日から5月31日の間に、返済不能に陥った回収不能な銀行の貸出資産に対し、判断据え置き債権として分類する、と発表。これは、銀行業務や、消費者が通常の活動をしやすくするための措置との事です。実質的には、不良債権と見なされるローンの返済不能期間を90日から、180日に伸ばした事になります。

コロナウイルス感染のため、29日前後には既に、支払いに窮した借入人・企業が出ています。3月1日から5月31日の間、銀行貸付資産の不良資産としての分類は、一旦停止としました。この規則はノンバンクファイナンスにも適用されます。但し、ノンバンクは、この取り扱いを、取締役会で承認しなくてはなりません。

但し、中央銀行(RBI)は、各銀行に対し、不良債権に分類しない貸付債権に対して、貸倒引当金を計上する必要があります。貸倒引当金は3月と6月に始まる2四半期に渡り10%ととしています。中央銀行(RBI)は、既に3月27日に金融機関に対し、3月1日から猶予期間(モラトリアム)を設定する事を、“許可”しています。

通常、180日以上の延滞期間で、返済が出来ない債権に対しては、銀行は20%の貸倒引当金を積み立てる事になっています。中央銀行(RBI)は、180日以内で、返済が出来なかった大型不良債権に対しても、追加の20%の貸倒引当金を積まなくても良い、としています。

更に、中央銀行(RBI)は、商業銀行の準備流動性資金確保資比率も下げる、との事です。大手銀行は、3月末の、配当を支払わない、としている模様です。

猶予期間(モラトリアム)設置は、当然と思いますが、不良債権を無闇に増やさないで、企業の再生や、消費回復を狙う政策は、大変難しいものと思われ、・中銀の役割は、重要と思います。

Accounts Under 90-day Moratorium Will Not Be Immediately Considered as NPA: RBI Governor Shaktikanta Das

https://www.msn.com/en-in/money/news/accounts-under-90-day-moratorium-will-not-be-immediately-considered-as-npa-rbi-governor-shaktikanta-das/ar-BB12Lf4i?ocid=spartandhp

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:159, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,086

Previous(down)/ Next(up)
タイやアラブ宿など、歴史を超えた民族とのつながり。
大中小の企業が、経済再生に取組む姿勢が大切になって来ております。