通貨・債権などの取引時間を短縮

通貨・債権などの取引時間を短縮

Economic Times of India 20200403

インド中央銀行(RBI)は、・債権などの取引時間を短縮しました。この変更は4月7日(月)から4月17日(金)まで行われると、中央銀行から公表されました。月曜日からの中央銀行の業務時間は、午前10時から午後2時となります。

ロックダウン以降、多くの会社や人の働き方が変わって来ており、予期せぬ事態が発生した場合、市場流動性や金融相場価値の変動性が大きく振れる可能性があると見ている様です。

これらのリスクを減らし、市場変化を適正にチェック・監督するため、中央銀行は各種の取引時間を適正化する、と言う事です。

中央銀行が、為替・通貨管理を適正に行える、と言う事であれば、時短もありかとは思いますが、市場で突発的な動きがあった場合、どう言う管理体制を布陣しているのか、内部体制の変化が良くわかりません。

RBI reduces trading hours for currency, debt markets. These changes will come into effect on April 7 and will continue up to April 17, the central bank said in a release.

業務別変更時間帯は、以下をご参照。

https://auto.economictimes.indiatimes.com/news/industry/rbi-reduces-trading-hours-for-currency-debt-markets/74966870

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:22, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,067

Previous(down)/ Next(up)
メーカーが全てのディーラーを救えるかは不明、と言う匿名意見もあり。
イスラムの歴史をたどります。