インド中央銀行政策金利を引き下げ

インド中央銀行政策金利を引き下げ

20200327 Hindustan Times

インド中央銀行Shaktikanta Das総裁は、政策金利(レポ・レート、リバース・レポ・レート)を、大幅に引き下げ、コロナ・ウイルス伝播により引き起こされるであろう経済危機から、金融システムを守るとの考え。

政策金利決定会合では、レポ・レートを70ベーシス・ポイント下げ、4.4%、また、リバース・レポ・レートを、90ベーシス・ポイント下げ、4%としました。政策金利下げのため、市中銀行は、中央銀に留めている資金を市中に放出し、借入に回す原資とする、とは総裁の弁。

政策金利引下げは、・財務省の救済給付案発表の翌日に、経済的混乱を避けるため即実行されました。既に、Sitharaman蔵相は、食糧移動費無料化、産業力の弱い分野の救済、家計支出を助けるための政府による各種スキームがあると発表しています。また、政府は貧困者支援を行う発表しています。

しかし、蔵相は、今回の緊急支出の政府財政に与える影響には、言及していません。又、国家封鎖令()のため産業界全体が受けるであろう広範な損失に対する措置については、まだ発表がなされていません。蔵相は、最前線で働く、医療現場従事者、、看護人、医療補助者に対して、一人当たり、500万ルピー迄の保険を保証しています。

産業界全体が被る被害や、コロナウイルス蔓延状態収束後の復旧に要する資金の総額見通しはまだ把握出来ていない、と言うのが現在の実態ではないでしょうか。

RBI’s Covid-19 relief: Repo rate cut, focus on reviving growth

https://www.msn.com/en-in/money/news/rbis-covid-19-relief-repo-rate-cut-focus-on-reviving-growth/ar-BB11M1KR?ocid=spartandhp

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:34, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,880

Previous(down)/ Next(up)
インド中央銀行は、市中銀行に対し、経営困難な企業の程度に応じた救済手段を講ずる様指示。
首相官邸、財務大臣と中央銀行が本題の話し合いを続けているとの事。