Economic Times of India 20200309

Economic Times of India 20200309

Economic Times of India 20200309

フォルクスワーゲン・インド社は、セダン離れのマーケットで、2024年売上の60%をSUVにしたいと期待、現在、グループ会社スコダと共同のIndia 2.0計画で、現状インド市場占有率の1%を乗り越えようとしています。

7名乗りSUV、Tiguan Allspaceを発表。今後、12-18カ月以内に、更に何種類かのSUV を発表との事。現在、同社グループ世界売上の内42%はSUV。2025年には、インド乗用車市場の5%シェアを獲得したいとの考え。

インド国内で営業している同社は、インドSUV 市場進出において、一番手ではないが、今後、トップを狙いたい、との事。今後は、SUV、及び、CUV (cross utility vehicle)領域に更に進出との事。

現状、コロナ・ウイルス拡大による部品供給網混乱があるが、7月からはマーケットは復調する、との見方の様です。また、同社は、インドへ80億ルピー相当の投資計画があるとの事。

同社グループは、設計方法、セグメント別プラットフォームの利用方法、共通部品利用などを造り込んだ、生産方法Modular Transverse Matrix(元のドイツ語;Modulare Querbaukasten)を2012年に開発、現在のインド生産現場に装備済みであり、生産効率、生産コスト抑制、強度確保を高める事が出来るとの事の様です。

Volkswagen expects SUVs to account for at least 60 per cent of sales by 2024. The world’s largest carmaker is trying to revive its fortunes in the domestic automobile space, in which it has a meager around 1 percent market share with Skoda-led India 2.0 plan.

https://auto.economictimes.indiatimes.com/news/passenger-vehicle/uv/volkswagen-expects-suvs-to-account-for-at-least-60-per-cent-of-sales-by-2024/74539185

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:8, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 1,160,928

Previous(down)/ Next(up)
インドは北東部、アッサムを中心とした旅。
中国でのコロナ・ウイルス感染拡大のため、マヒンドラ・マヒンドラは、2カ月連続生産を削減。