インドのバレンタインはすごい!1週間続く関連イベントと愛の告白

インドのバレンタインはすごい!1週間続く関連イベントと愛の告白

インドではヒンドゥー教徒が多数を占める国家です。一方、今回紹介するバレンタインは、キリスト教のイベントになります。

そんなインドでは、異なる宗教のイベントであるバレンタインを楽しむ習慣が若者の間にあるのです。しかも日本が一日なのに対して、インドは一週間関連でバレンタインのイベントが続きます。

このインドのバレンタイン「ウィーク」についてお話しし、日本のバレンタインとの違いについても触れていき、まとめました。

インドのバレンタインは1週間続く

インドはヒンドゥー教を信仰する方が多い国です。しかし、保守的なインドの方には受け入れられていないものの、主に20代の若者を中心にバレンタインを楽しんでおり、今後も徐々に浸透していく可能性を秘めています。

そんなインドは人を愛する(恋愛や人類愛を含め)ことを好んでいて、愛のイベントであるバレンタインに関連付けた記念日を作っているのです。

この一連の記念日はバレンタイン・ウィークと呼ばれていて、

  • 2月7日のバラの日から始まり
  • 8日 プロポーズの日
  • 9日 チョコの日
  • 10日 テディベアの日
  • 11日 約束の日
  • 12日 キスの日
  • 13日 抱き合う日

そして2月14日のバレンタインデーに続きます。

全世代に浸透しているわけではありませんが、海外で言うところのパーティーピーポー(パリピ)の間では盛んに楽しまれており、都市部のショッピングモールはそれを当て込んで、一週間の特別イベントや大売り出しを行っているのです。その間、SNSなどでは関連の写真をアップしたり、コメントを入れたりすることが盛んに行われますし、実際に楽しむイベントを企画したりもしています。

当然、日本やバレンタインデーの浸透している国のように、恋人に愛の告白を行ったりもするのです。

日本とインドのバレンタインの違い ~愛の告白~

日本とインドのバレンタインの違いは、先ほど紹介した期間、渡す相手、贈るものが異なります。

期間はインドが一週間という長さで、これは世界的に見ても最長クラスです。その間、贈り物を贈るというよりは、電話やSNSで普段の愛情をメッセージにして贈るということを行っています。

渡す相手ですが、日本は女性が男性に贈るのに対し、インドでは男性が女性に贈るという習慣です。一見すると不思議な感じがしますが、実はインドのスタイル(男性から女性)が世界標準であり、日本が特異的なものとなっています。そのため、この点に関してはインドは忠実に行っています。

贈るものも異なります。日本では基本的にチョコレートを中心としたお菓子を贈る習慣がありますが、インドでは赤いバラの花束や、テディベアの日があるようにテディベアのぬいぐるみ、それから女性が好みそうなアクセサリーを贈ります。

また、必ず手書きのメッセージを書いたカードを添えるというのがインドのスタイルです。

このようにチョコレートではなく様々なものを贈る習慣がありますが、近年、ショッピングモールを中心にチョコレートを推す動きがあり、チョコレートもプレゼントとして有力な候補になっています。

このように日本とインドでは愛の告白という点で一致していますが、インドの方が期間も長く、そして男性から女性にというように逆のスタイルを取るという点で異なるのです。

バレンタインの浸透でインドに巨大製菓企業が誕生する可能性もある

愛の告白イベントであるバレンタインですが、インドでも日本同様チョコレートを贈るという風潮ができてきています。

やや商業的な話になってしまいますが、世界最大級の国でバレンタインによるチョコレート消費が爆発すれば、インドで巨大な製菓企業が誕生する可能性があるのです。

実際にインドには世界最大のアイスクリーム製造業者であり、乳業も手掛けているAmul(アムル)社があり、ミルクチョコレートを大量に作る下地はできています。

それにインドは世界最大の牛乳消費国であり、ミルクチョコレートに抵抗がない事から、もし巨大な需要が誕生すればネスレ(ネスレも粉ミルクの製造などを行っていた)などを超える巨大な製菓企業が生まれるのは必至です。

このように愛の告白のイベントであるバレンタインも、インドでは巨大な産業が生まれる前触れになっているという見方もできます。

陽気な方が多いインドの方ですが、まさかバレンタインを一週間も楽しむなんて想像を絶する習慣です。中高年の保守層からは訝しげに見られてはいますが、数十年後には、全世代で楽しむ一大イベントに成長して行く可能性はとても高いといえます。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:34, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,508,097

Previous(down)/ Next(up)
この法案にイスラム過激派は怒り、政府に対して大きなデモが行われ、治安部隊との衝突が起き、多数の逮捕者…
図書館の隣にはレストランも併設されているため、何も持たずに来ても一日中図書館で調べ物をすることができ…