【インドの祝日】シバ神とMaha Shivratri(シヴァラートリ)

【インドの祝日】シバ神とMaha Shivratri(シヴァラートリ)

インドではヒンドゥー教が信仰されていますが、その神様とされているのがシバ神です。

少し詳しい人であれば、シバ神は破壊の神であるため、世界を破壊するあまり良くない神様なのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

ところが、シバ神が破壊をするからこそ、世界がしっかりと回ることができているのです。

ヒンドゥー教の神様にはシバ神の破壊の他に、ブラフマーによる創造、ヴィシュヌによる維持という行為が行われています。このいわゆる三大神がこれらの行為を行うことによって、新たな世界が創られ、また壊されていき、時代に合った世界を人々は生きていけるというのです。

また、これだけ見ると、日本人にとってシバ神は外国の神様だと思うかもしれません。が、実は日本にも馴染みのある神様なのです。

日本の神様の中でも、シバ神を前身としているのが大黒天です。七福神の中でも最も有名だとされる大黒天ですが、その見た目とシバ神の破壊、という要素からは正反対の印象を受ける人もいるのではないでしょうか。

しかし、シバ神には大いなる暗黒という異名があり、それが中国で大黒と翻訳されてこのような名前が付けられたのです。

日本に大黒天が伝わった際に、大国主命と同じ読みをするという理由から、神と仏は一体のものであるという神仏習合が行われ、日本でも信仰されるようになったのです。

また、大自在天もシバ神と関係があります。

シバ神は日本において、仏教の中に取り込まれることで大自在天となりました。その性格はかなり強引なもので、シバ神の破壊をするという性格と非常に良く似ています。大自在天は力も持っているため、ヒンドゥー教徒の中には日本に来て、大自在天を祀る場所を巡るという人もいるのです。

このような背景を頭に入れると、Maha Shivratriをより一層理解できます。

インドとネパールでは、この三大神のうち、シバ神の誕生日を祝うイベントが行われています。それがMaha Shivratriです。意味は偉大なシバ神の夜を意味する言葉で、毎年行われています。Shivratri自体は年間を通して12回行われているのですが、その中でも最も神聖だとされる日に開催されるのが、Maha Shivratriなのです。

ヒンドゥー教を信仰しているインドやネパールで大規模なお祭りが実施され、中でもネパールの首都であるカトマンズのパシュパティナートでは、インドとネパールからの信者が多く訪れ、パーティーが行われます。

そもそもここはシバ神を奉っている寺院であり、ネパールの中でも最大級と言われている、ヒンドゥー教の寺院でもあります。

当日はこの近辺は大混雑になり、シバ神が大麻を吸っていたということから、人々も同じように大麻を吸うのです。崇拝している神様と同じことをすることで、神様と自身が一体になったり神様に近づくことができるとも言われています。

上述の通り毎年開催されるMaha Shivratriですが、日にちは年ごとに異なっているのが特徴です。厳密にこの日、と定められているわけではなく、様々に存在する暦によって執り行われています。

ちなみに、グレゴリオ暦では2月あるいは3月に行われるのが一般的で、実際にこれらの国でMaha Shivratriに参加したいという人は、事前に確認をしないと開催日を誤ってしまうかもしれません。

Maha Shivratriでは何が行われるのかというと、基本的にはお祈りをします。それも普通のお祈りではなく、シバ神が誕生した日の夜は暗黒と無知を克服する夜であるため、一睡もせずに起き続けて祈りを捧げるのです。

信者もかなり多く集まり、彼らは経典の中の教えを口にしながら、果物やお菓子、牛乳などをシバ神に捧げます。そして信者たちはというと、シバ神に食べ物を捧げたわけですから、自分達も同じように食べ物を口にするわけにはいかないと、Maha Shivratriが終了するまで断食をすることになります。

ただし、断食と言っても、中には水だけは飲むというスタイルや、ご飯は食べないものの水と果物は口にするというスタイルまで様々です。

この日は年間を通して、最も礼拝を行うのに適した時間帯であると言われています。理由は様々にありますが、その一つに北半球における星の並びにより、どのような状態の人でも簡単に精神力を高められるというのがあります。

また、シバ神がリンガの形となって地上に姿を現した時間であるという説もあります。リンガというのは男根のことで、かつての原住民が生殖器を崇拝していたこともあり、その名残が現代まで伝わっていると言われています。

ヒンドゥー教徒でない人がMaha Shivratriに参加をして、それに影響されて入信したという人も少なくありません。それだけ影響力のあるお祭りですので、一度見てみたいと思うのであれば上述のようなシバ神に関する事柄を勉強していくとより一層楽しめるでしょう。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:2,603, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 931,282

Previous(down)/ Next(up)
日本でも毎日のように犯罪のニュースを耳にしますが、それでも日本は安全な国なのだなと思い知らされること…
以前、インドに住む友人に一人で会いに行ったことがあります。 海外旅行は経験がありましたが、一人旅とい…