【ハエは友達】インドの食事の楽しみ方と注意

【ハエは友達】インドの食事の楽しみ方と注意

皆さんインドと聞いて何を思い浮かべますでしょうか?

大多数の人はカレーを想像するかと思います。

皆さんが想像する通り、スパイス大国インドでは日本とは違った美味しいカレーが沢山あります。

インド人の多くの人は毎日2.3食ともカレーを食べます。そんなに毎日カレーばかり食べて飽きないの?

と思いますが、日本人が毎日、出汁のきいた味噌汁を飲むように、彼等もまたスパイスのきいたカレーを国民食として食べています。

カレー以外にも彼等が毎日飲み、道端のいたるところや、はたまた電車の中まで売りに来るチャイという、日本でいう紅茶も、カレーと同じように毎日飲まれています。

その一方で、インドに初めて行かれる方が一番気になり、心配するのは

インドってよくお腹壊す、って聞くけど大丈夫かな・・・」

そう思う人が大半かと思います。

美味しいものを食べたいけど、お腹を壊すのも心配という方は是非参考にしてください。

①食事の時の注意点

1.インドでは汚いのがデフォルト、ハエは動く食材!?

インドでは衛生的には日本よりかなり悪いのが現状です。

高級なレストランに入れば、おしぼり等手を拭くものも出てきますが、一般的なレストランや大衆食堂では出てきません。

その為、除菌のウエットティッシュは必要です。

手を拭く以外にも、田舎の大衆食堂などで出てくるナイフやスプーン、コップなども、よく見ると汚れているものもあります。

神経質な方は必ず持ち歩くべきかと思います。

2.インドの「水」を見極める

インドでは日本のように、水道水が飲めるようなきれいな水ではありません。

通常の飲み水はウォーター・サーバーが復旧していますが、食材を洗う水やスープなどには、水道水を使用していることが圧倒的に多いです。

その為、初めて渡航される方は、生野菜は食べることをお勧めいたしません。

インドにいるとカレーばかりを食べて飽きてしまう人も多くいます。飽きてきたところで、ハンバーガーやサンドイッチなどを頼みますが、中にはトマトやタマネギ、キャベツが入っているので注意してください。

基本的には普通のお店では、生野菜のサラダなどを販売しているところは少ないので、ビタミン不足で生野菜が食べたくなります。が、我慢するか自炊しましょう。

ちなみにサプリメントは薬局やAmazonでも簡単に入手できます。

3.レア・ステーキは危険です

インド人の80%くらいがヒンドゥー教徒なので、主に食べるお肉は鶏肉だけです。それ以外ですと、マトンと言われるヤギ肉です。

貧富の差が激しいインドでは、お肉は高級であり、カレーは野菜がメインですが、日本人ならお肉も食べたくなりますね。

チキンカレーやマトンカレーは煮込まれ、火がしっかり通っているので安全ですが、少し高めのお店ではチキンステーキなど、お肉単体で食べられるお店もあります。

稀に、お肉に火が完全に通っていないものが出てくることもあります。チキンにソースがたっぷりかかっていると、美味しそうなあまり食べてしまって、実は生だったとなると大変なことになります。

鶏肉を生で食べてしまって当たってしまうと、サルモネラ菌がお腹の中で悪さをしてしまいます。

私自身、1度当たってしまい、高熱や嘔吐、下痢と苦しんだ経験があります。

4.生卵や半熟タマゴはもってのほか

基本的にはあまり心配ないですが、卵も気をつけてください。あまり心配ないと言うのは、ほとんどがしっかりと加熱調理されているからです。

エッグカレーや炒め物に入っている卵は、基本的に問題ないと思ってください。

私が経験したのは、朝食にトーストと目玉焼きを頼んだ際に、半熟で出てきたことがあり、パンの上に乗せて食べてお腹を壊したことがあります。

日本のような半熟文化はないので、基本的によく焼きで出てきますが、稀にこんなこともあるので、美味しそうな半熟だからといって食べないほうが賢明です。

卵が危ないのは、日本のように冷蔵保存も衛生管理もしておらず、夏の暑い中でも外の常温で保存していることが原因です。

②もし体調を壊したら?

1.消化不良に気をつけよう

インドで生活をしていて誰しもが必ず体験するのは、お腹がゆるくなって、下痢をすることです。

何か当たったかな?と思うはずです。

ただインドでは、スパイスが使われていて辛いものが多く、油も使うので、腸が消化不良を起こしてお腹が下ることもあります。熱や吐き気がなければ、その原因が考えられますので、その場合は消化の良いもの食べれば数日で治ります。

胃腸の弱い人は、スパイスの効いたものばかり食べないようにしましょう。

2.インドの薬局に行こう

熱が出てきて気持ちも悪い・・・

1番は病院に行くのがベストな選択だと思いますが、まだ病院に行くほどではないという方は、街中にある薬屋さんに行きましょう。

私の経験ですと、インドで体調が悪くなった場合は、日本から持ってきた市販の薬は、あまり効かない気がします。

インドの薬は安く、200円もあれば鎮痛剤、解熱剤、お腹の薬を購入できます。3日ほど飲んでいれば体調は良くなります。

薬局で何て言えばいいのかとも思いますが、下手な英語よりも、ジェスチャーで下痢をしてみたり、吐いている、お腹を押さえるなどすれば伝わります。

3.インドの病院へ行こう

最終手段は病院に行くことです。パスポートを持って行くこと忘れずに!

海外保険に入っていれば、日本語のサポートで電話で対応してくれるので安心して行きましょう。

病院の先生にも、英語がわからなければジェスチャーで伝えても大丈夫です。

病院では長時間の移動用に、下痢止めの薬も処方してくれるので、下痢をしてて長時間の移動が心配な人は、もらうのも忘れないように。

③最後に…

気をつけることばかり書きましたが、インドでは地方によってカレーも変わり、人も同じようにいろいろな人がいます。

心配ばかりすると楽しめずに終わってしまいます。

お腹を壊すことももしかしたらあるかもしれませんが、少しだけの注意をして是非インドを思いっきり楽しんでください。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:17, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 1,006,191

Previous(down)/ Next(up)
ある国の大学附属語学学校に留学していたとき、その大学の大学院に留学してたインド人の彼と出会ったのです…
現地のインド人も御用達、本を探すならデリーで1番のブックマーケット、ダリア・ガンジー(Darya G…