鬼子母神として日本に伝わった女神:ハーリーティー

鬼子母神として日本に伝わった女神:ハーリーティー

鬼子母神(きしもじん)という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

日本で、古くから信仰の対象となっている、神道の神様の1つで、安産や子育てに、ご利益があるといわれています。東京だけでも、いくつも鬼子母神を祀る神社があり、お参りに行った人もいるかもしれません。

この鬼子母神、数多くある神様同様、インドから伝わった神様なんです。今回は、日本に鬼子母神として伝わった、ハーリーティー(Hariti)という神様についてみいきます。

1.ハーリーティーの神話

ハーリーティーは、悪魔の顔も持つといわれる、夜叉女・鬼神・女神です。

彼女のポジティブな側面としては、安産、幸せな子育て、子供たちの保護という性格がある一方、ネガティブな側面としては、無責任な親や、言いつけを聞かない子供へ、恐怖を与えます。

以下、こうした神性を得るに至った神話を紹介しましょう。

パーンチカの妻、女神ハーリーティーには、500人の子供がいました。

彼女は、その子供たちの「栄養」とするために、人間の子供をさらっていたため、多くの人間に恐れられていました(彼女が人間を食べ、それを栄養とし母乳を与えていたのか、子供が直接食べていたのか、明確な記述はありません)。

そこで人間たちは、に助けを求めます。その求めに応じた仏陀は、ハーリーティーが最も可愛がっていた、末子ピンガラを誘拐しました。ハーリーティーは嘆き悲しみ、必死になり世界中を探しましたが、仏陀の神の力により攫われたため、見つけることはできません。

途方に暮れたハーリーティーは、仏陀に助けを求めました。すると仏陀は、500人のうちたった1人を失っただけでその悲しみなのだから、子供が少ない人間から、その子供を奪うことが、どれだけ酷いことか、今のハーリーティーならばわかるのではないか、と諭しました。

さらに、命の重さに、人間の子も、神の子も、変わりはないのだと伝え、ピンガラをハーリーティーのもとに返しました。この仏陀の言葉に感銘を受けたハーリーティーは、仏陀に教えを乞い、改心し、子供の守り神となったのです。

また仏陀は、ハーリーティーが人肉を二度と食べないように、人肉の味がする果物「吉祥果(きちじょうか:ザクロ)」を食べるように教えたといいます。

2.ハーリーティーの起源

ハーリーティー信仰が生まれたのは、ガンダーラ地方(インド西北部、インダス川上流のパンジャーブ地方、現在その大部分はパキスタンとなっている)と考えられており、ガンダーラ美術において、その像が確認されています。

ガンダーラ美術は、AD1-5世紀頃に展開した仏教美術のことで、タリバンがその破壊活動の一環で、ガンダーラ美術を大量破壊したことは、世界的ニュースとなりました。像などで確認されているハーリーティーの姿は、最愛の子ピンガラ(Pingala)を抱き、夫パーンチカ(Panchika)と並んでおり、右手には吉祥果(きちじょうか:ザクロ)を持つことが多くあります。

ガンダーラ美術以降、ハーリーティー信仰は、南アジア全土に拡がっていくこととなります。拡がった先の土着の女神と結びつくことで、その性格はさらに多様なものとなっていきました。

ある地域では、ハーリーティーが土着の神を吸収し、または吸収され、ある地域では、土着の神と並んで、信仰の対象となったのです。しかし、次第に、インドにおけるハーリーティーへの信仰は弱くなっていき、現在のインドでは、主要な神とはみなされることはなくなっています。

3.ハーリーティーの属する「夜叉」って何?

夜叉(やしゃ、女性名称ヤクシー、男性名称ヤクシャ)は、ヒンドゥー神話に登場する、鬼神の総称です。

夜叉は、インド土着の神に由来すると考えられており、鬼として悪の属性が付与されているようです。インド各地に、固有の夜叉信仰はありますが、土着信仰ゆえに、地域ごとに異なり、文献などにおいて、統一した性格はないということです。

ある地域では、森に潜む恐怖の神であり、ある地域では、病気の源、または自然災害をもたらす神であるなど、様々な「夜叉」がいます。ハーリーティーは、この「夜叉」の中では、日本をはじめ各国へ広まったこともあり、有名な存在です。

4.鬼子母神として日本に伝わった女神:ハーリーティーのまとめ

日本では鬼子母神として知られる、ハーリーティーについて紹介しました。

安産や子育ての神として知られているので、平和な神なのかと思いましたが、名前の通り、かなり怖い一面をもっているようです。人間の子供をさらって食べ、改心したけれど、人間の肉の味が恋しい、だから似た味のザクロを食べようなど、インドらしい神話です。

今回の記事は、この辺で〆たいと思います。また、インドの興味深い、怖い側面をもつ神様をみつけたら、紹介させていただきます。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:6,654, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,564

Previous(down)/ Next(up)
土着で人気の神を、ヒンドゥーで人気の神の妻にしてしまうという、懐の深さ、柔軟性は、ヒンドゥーという宗…
政府は、カルカッタの治安・衛生環境維持のために、この飢餓者、飢饉に苦しむ貧困層を、街から追い出すこと…