偏見、差別のカーストと呼ばれる社会集団

偏見、差別のカーストと呼ばれる社会集団

(ブラーマン)、クシャトリア、バイシャ、シュードラの4つに不可触民を加えた5つがカーストであると普通には考えられています。

これは間違いではありませんが、カーストの理念を示しているだけでありまして、現実のカーストははるかに複雑で、サブ・が無数に存在しています。

人々の接触と結婚の範囲を決めているのはサブ・カーストで、職業とサブ・カーストの結び付きもいまだに強く残っています。

農村では、地主あるいは有力な農民のサブ・カーストを中心として、生産活動が営まれています。

バラモンなど上位のサブ・カーストは一般に肉食を忌み嫌い、肉体労働をしないなどの生活様式を持っています。

それ以外のサブ・カーストの人々が集団で肉食をやめるなど、上位カーストの生活様式を採用して、自分たちは上位のカーストに属すると主張するということが始終起こっています。

個人の人々にとっては、その所属するサブ・カーストは生涯変えることはできないが、集団として、上位や下位に移動することは可能です。

最近は、中位の有力農民のサブ・カーストが上位カーストの行動様式を模倣するのではなく、逆に自分たちはバラモンなどによって低い地位に追いやられていたとして、並みの保護を要求する動きも見られています。

憲法では、特定の人々をとして差別することは処罰の対象とされていますが、カーストの廃止は規定されてなく、不可触民は公式に存在しないことになっています。

しかし、偏見と差別はまだ根強く残っており、、被害が多いのが現状です。

by Y・Kさん(35歳、男、会社員)

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:12, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 1,006,176

Previous(down)/ Next(up)
学生時代の友人が、インドのゴアに旅行中に知り合ったインド男性の子を身篭り、結婚することになりました。…
インドに進出した場合、決して避けて通れないのが現地人の雇用、つまりインド人の雇用です。 しかし、イン…