インドの歴史のおさらい

インドの歴史のおさらい

インドは日本と同じアジア圏でありながら、日本人はインドと言えばカレー、くらいしか思い浮かべることができない人も多いようですね。でも実は、インドは様々な歴史をたどってきており、その過程で、現在でも見られるような特異な文化を形成してきました。

ここでは、インドの歴史について大きく見ていきます。

最初に登場した王朝は、デリー・スルタン朝です。10世紀中頃にイランの王朝が力を失うと、現在のアフガニスタンにガズナ朝が独立します。この王朝の勢力は強大で、イランやパキスタンを征服し、北インドへの侵入を行っていました。

その後登場したセルジューク朝も北インドへの侵攻を繰り返し、アイバクという人物がインドのデリーに奴隷王朝を建国したのです。これが、現在のインドの始まりだと言われています。

インドは中国や中東、ヨーロッパにも比較的近く、地理的には国土を治めるのに絶好の場所でした。他の国々はそもそもここを押さえないと領土を広げることは難しかったため、北インドへの侵攻を執拗に繰り返していたのです。

そのため何度も危機にさらされながらも、かろうじて回避してきたわけですが、その興亡は300年にわたって繰り広げられます。

14世紀末期にはティムールがデリーを侵略し、その系譜を継ぐバーブルが、当時北インドを支配していたロディー朝を倒し、ムガル帝国を建国するのです。

ちなみにムガルとはモンゴルのことですが、そこまで領土を広げていたと言われています。このムガル帝国はインドの歴史を語る上では欠かせないほどの全盛期を誇りました。

そのピークは3代皇帝アクバルの時代に訪れます。北インドからアフガニスタンにかけて広大な地域を支配し、これまでの歴史の中で何度も対立を繰り返していたイスラム教とヒンドゥー教の融和を図るのです。これによって対立が起こらなくなり社会が安定し、人々は豊かな生活を送れるようになりました。

ヨーロッパ諸国とも活発な交易が行われ、アジアにヨーロッパ文化が流入するきっかけにもなります。この時もたらされた文物は、今でもインドの博物館で展示され、当時の歴史を学ぶ上で重要な役割を果たしているのです。

さて、このムガル帝国ですが、およそ300年にもわたりインドを支配することになります。

5代目皇帝シャー・ジャハーンの時代を帝国の最盛期だと捉える人も多くいます。確かにこの時代は、支配領域がデカン高原にまで及び、タージマハルが建設されているからです。これは22年かけて建設されたもので、帝国の首都に建てられていることから、亡き妻の霊廟という役割だけでなく、その権力を内外に示す働きをも担っています。

6代目のアウラングゼーブはさらに領土を拡大し、ヨーロッパまで侵攻するかと思いきや、イスラム教に基づいた政治を展開したことで、ヒンドゥー教徒の多いインド人からの反発を買い、各地で反乱が起きてしまいます。デカン高原にはマラータ族がマラータ王国を建国するなど、帝国の支配が及ばなくなっていくのです。

18世紀には、いわゆる日本の戦国時代のように、各地で諸侯が力を持つようになり、あちらこちらで独立が展開され、帝国の権威は地に落ちてしまうのです。

このような情勢と、大航海時代が重なり、主にヨーロッパ各国がインドをはじめとして、アジア諸国に流入するようになります。その中でも、イギリスとオランダは東インド会社を各地に設立して貿易を行いますが、貿易をするというよりも、むしろ植民地経営が主な目的だったと言われています。

イギリスはインドの経営に専念し、各地域に次々と拠点を作るようになります。徐々に植民地経営の姿を見せはじめると、イギリスに服従する王国を作るようになり、インドが支配する地域を減少していったのです。

ここで、イギリスがイスラム教とヒンドゥー教の国を分けて統治したことにより、インド独立時に、イスラム教のパキスタンが分離するようになります。

イギリスの強大な力に対抗できないムガル帝国の権威は地に落ちたものの、インドからの反発を防ぐためにも、かろうじてデリーだけは支配できていました。こうしたことから、この時代はイギリス領インド帝国とも呼ばれています。

19世紀には、この支配に反発したインド人傭兵が反乱を起こします。いわゆるセポイの反乱です。これをきっかけに、イギリスはインドを完全に植民地化することを決め、デリーまでも攻略しますが、その後も小規模ながら反乱が続きます。

それから第一次世界大戦が勃発すると、イギリスは戦争の主役として参加し、インドに対しては戦後自治を約束する代わりに、兵士と物資を提供させました。ところがイギリスはこれを反故にし、加えてローラット法を施行して、インド人を弾圧するようになるのです。

ガンディーらの指導でインド独立の機運が高まり、第二次世界大戦終結後の総選挙によって1947年、ついに独立を果たすのです。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:15, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 931,279

Previous(down)/ Next(up)
以前、インドに住む友人に一人で会いに行ったことがあります。 海外旅行は経験がありましたが、一人旅とい…
他国では体験できないことを体験することができるのがインドですが、犯罪が多い国としても有名ですね。特に…