「3 Idiots」にみる新中間層の動き

「3 Idiots」にみる新中間層の動き

3 Idiots』という映画をご存知でしょうか?インドで大ヒットをした飛ばした映画で、インド人なら誰でも知っているのではないでしょうか。

今回は、『3Idiots(邦題「きっと、うまくいく」)』、とその映画がもたらした「新中間層」といわれる人々の、経済動向についてみていきます。

1.大ヒットインド映画『3 Idiots』とラダック

『3Idiots』は、2009年にインドで公開され、様々な記録を塗り替えた大ヒット映画です。日本では『きっと、うまくいく』のタイトルで公開されています。

この映画では、がフィーチャーされているんです。

ここでは簡単に『3Idiots』を紹介したのちに、映画内のラダックの描写を紹介します。

1-1.『3Idiots』

この映画は、大学時代の友人ランチョ―が行方不明になったことに端を発する、ランチョ―、ファルファーン、ラージュー、3人の物語です。この映画は、インド人の琴線に触れる要素、てんこ盛りです。ロマンス、アクション、コメディ、失意、復讐、スリル、サスペンス、敵役、最高のハッピーエンドなどなど、インド人は大喜びです。

インドに住んでいる方なら、テレビでもよくやっているので知っている人も多いはずです。10年前の映画ですが、いまだにインド人に大人気です。

ランチョ―はなぜ消えたのか?という秘密が、ラストで明らかになりますが、エンディングで歓声を上げるインド人が目に浮かびます。

興行収入記録やインドアカデミー賞独占など、数多くの記録をもっています。

1-2.『3Idiots』の中のラダック

この映画の中の、ロケ場所で注目を集め、多くの人々が「」として訪れることになった場所が、ラダックです。

この映画の公開前は、人口約20万人の場所に、年間約40万人の観光客が訪れる、人気エリアといった感じでしたが、映画公開後、観光客数は3倍の、120万人を超えるまでになっています。映画では、ラダックの辺鄙な場所を巡っているため、従来は観光客などが来なかったような場所でも、人があふれるようになったということです。

特に、クライマックスのシーンで使われたパンゴンという湖は、ラダック観光の一番の目玉として、多くの人が訪れています。

2.新中間層とラダック観光

現在も続いているラダック観光ブームは、インドの新中間層の急激な増加と、一致しています。

今後10年で、インドで5億人を超えるともいわれている新中間層とは、どういった人々なのでしょうか(ただし、近年のインド経済は、再び不安定になったともいわれるため、定かではありません)。

2-1.新中間層

新中間層は、1980年代半ばからインドで注目されるようになった、一定以上の自由に使える所得をもち、消費志向の強い人々を指す用語です。イギリス植民地期に形成された、英語教育を受けたエリートのことを、一般的に「ミドルクラス」と呼ぶため、「新」を頭につけて用いられることが多くなっています。

この新中間層は、90年代に入り、インド国内市場の主要な担い手として、その規模や消費が関心を集めています。ただし厳密な「新中間層」の定義は、なされていません。

インド社会は従来、固定化されたカースト制度や社会制度のため、新しい社会階層が出現しにくい社会でした。しかし、近年の急激な地価の上昇などにより、多くのインド人が富を得て、その旺盛な消費力に、世界中から注目が集まっています。

2-2.インド人観光誘致のボリウッド映画

近年のインド人の消費指数は、横ばいになっていると指摘されますが、インドの新中間層の消費意欲と、その人口の持つ力は、経済成長の鈍化がみられる各国の間で、カンフルとして期待されています。

日本は乗り遅れていますが、『3Idiot』のラダックのように、世界中で、ボリウッド映画のロケ地の誘致に、手が挙げられています。映画のロケ地に、インド人「新中間層」が大量に訪れ、消費をするからです。

イギリスなどでは、ボリウッドにちなんだツアー会社が多くあり、様々な企画が売られています。

近年、観光客が急増したラダックのレーでは、新しいゲストハウスが急増しており、新たな市場開拓に、ボリウッド映画が果たす役割にも期待されています。

3.『3 Idiots』にみる新中間層の動きのまとめ

個人的には、ボリウッド映画は苦手であまり観ていませんが、この『3 Idiots』は、インド人の友人に乞われて、一緒に映画館で見たことがあります。インド人のリアクションが大きすぎて、映画の内容が全然入ってこなかった記憶があります。その後、テレビで放映しているのを見て、「面白い映画」だったんだとの思いに至りました。

そして近年、世界中で注目を浴びている、ボリウッド映画のロケ地の誘致合戦。自由に使えるお金の増えたインド人旅行客を狙っての動きは、熾烈になってきているようです。

ここ数年、停滞気味との話もあるインド経済ですが、世界中にインド人があふれることを期待して、今回の記事を〆たいと思います。

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:5,518, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 1,006,190

Previous(down)/ Next(up)
地獄は、ジャイナ教では8層からなっています。
4億食もが廃棄されることになったんです。