【インド体験談】デリーで詐欺集団に囲まれた話

【インド体験談】デリーで詐欺集団に囲まれた話

学生時代ずっと行ってみたかったインド。卒業旅行ということで最後の思い出にインドに行くことに。

インドでの旅行は詐欺師とよく遭遇し、騙されないようにする必要があるということは、事前に本で読んでいました。いろんな情報を知っていたはずなのに、よくある手口の詐欺にあってしまいました。今回はそのお話です。

私は空港についてからすぐに、電車でニューデリー駅へ向かいました。そこからタージマハルのあるアーグラまで電車で向かいたかったからです。

ニューデリーの駅はとても大きいので、とりあえず道行く人にチケット売り場はどこかを聞いて回りました。

それらしき窓口の前で、用心して二人に聞いたのですが、その二人ともチケットは「ここでは買えない」というのです。話を聞くと、近くにある別の建物で買うことができるとのこと。

私がチケット売り場を尋ねた二人は、制服をきていましたし、駅の入り口にいる軍人の目の前で話を聞いていたので、ちゃんとしたスタッフなんだろうと思い込んでいました。

そして、その人に言われるがまま、近くの建物までトゥクトゥクで向かいました。するとそこは旅行代理店。アーグラまでのチケットを高額で売りつけてきました。

私はその金額を聞いて、初めて自分が今、詐欺集団の罠に引っかかっていることに気付きました。

急いで店をでると、そこにはなんと数人のインド人。きっと詐欺グループでしょう。私がお金を払っていないことを察した彼らは、私に向かって日本語で罵声を浴びせてきました。

「バカヤロウ」などの簡単なものですが、きっと彼らは意味も知らずに使っているのでしょう。とにかく罵声を浴びせることだけを目的としているように感じました。

挙げ句の果てには石を投げつけてくる始末。

急いで逃げたため、お金は取られませんでしたが、石があたり怪我をしたため、後日警察に行きました。しかし、もちろん取り合ってもらえず。

このタイプの詐欺は定番で、事前に知っていたはずなのに、あまりにも多くの人が関わっているということを知らなかったため、罠にかかってしまいました。

インドの詐欺はグループで行われています。なぜなら詐欺でのコミッションがビジネスとして成り立っているからです。

東南アジアでのぼったくりとはわけが違うもので、集団で騙してくるので、ぜひみなさん注意をしてください。

by シン999さん

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:38, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,506,292

Previous(down)/ Next(up)
例えば代表的な施設には1952年に設立された、「死を待つ人の家」があります。
例えば、死体処理業、し尿処理業、廃品回収業、動物の皮革業などがあります。