【インド体験談】インドのバラナシで身につけたワザ

【インド体験談】インドのバラナシで身につけたワザ

バラナシはスーパー的なものがほぼなく、日用品一つ買うのに苦労します。

僕も日本から歯ブラシもって来るの忘れてましたが、あらかじめデリーの空港で買っておいてよかったです。

町はたくさんのバイクやオートリキシャが、ひっきりなしにクラクション鳴らしてます。誰もがわれ先と抜かそうとしてるので、交通はぐちゃぐちゃです。

その間を縫っていかなくてはいけなくて、歩くだけでもかなり大変です。ルールもへったくれもないですから。

そして交差点を渡るのも大変で、つねに縦横無尽に車が行きかっていて、渡るタイミングもつかめません。

そもそも信号もなくて、躊躇してたらいつまでたっても道を渡れません。

こうしたときは、現地人のあとにぴったりとくっついていくことです。現地の人の背中に張り付いて、そのインド人がわたるとき、一緒に渡るんです。

このワザはインド生活者には必須です、インドに来たらまず習得するべきものです。

バラナシの街歩きで驚くのは、あちこちにいる牛です。

牛はヒンドゥ―教で神聖なものとして、殺すことができなくて、乳牛として用なしになった牛さんたちが、いたるところに野良牛となって暮らしているんです。

そして、神聖な動物なのに、どの牛もやつれてた目をしていて、動きものそのそと遅いです。

鳴り響くクラションにうんざりしていて、なんだかすべてあいらめたような目をしています。

by ea8さん(30代、男性、SOHO運営)

BlogMuraFC2BlogRanking

VISITORS HERE:16, HOLI GREEN TOTAL VIEWS : 3,508,113

Previous(down)/ Next(up)
他国では体験できないことを体験することができるのがインドですが、犯罪が多い国としても有名ですね。特に…
未だに発展途上国である印象が強いインドですが、実はIT技術につきましては、世界トップレベルであるので…